<   2018年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

カンボジア・最終回・市内観光と帰国

お昼はカンボジアなのに、タイ料理のレストランに案内された。まぁそういう事は全然気にならない。

店内に案内されて、ベンチ式になってる椅子に奥のほうに向かって横から座ろうとしたら、そのベンチ式長椅子が妙に軽くて、つかんだ背もたれが後ろに傾いた。

もう少しでベンチ椅子ごと後ろにひっくり返りそうになって焦った(笑)

そしたらテーブルごとに立って待機していたウェトレスの若いおねーさんに凄くウケちゃって、笑ってはいけないのに、こみ上げて来る笑いを、顔を真っ赤にしてコラえている風だった。その顔がまた可愛かった。

思わず自分のほうから「ねぇ~、後ろにひっくり返ったら大変だったよねぇー」と笑いながら話しかけたら、日本語が分からない風なのに何故かより一層笑いを誘った。
(これがまさにリアルな異文化交流だ。笑)


出されたのはタイ式鍋みたいだった。

c0073802_21142536.jpg

スタンバイして待っていたさっきのウェイトレスのおねーさんがどんどん具を入れてくれるのだが、なんかよく分からないけど、おでんの具みたいな練り物と鶏肉と野菜の混ざった鍋だった。

味は日本人向けにしてある感じだったが、これは一体何鍋というんだろうと考えながら食べた。でも美味しかった。
c0073802_21144318.jpg

そこから例によって旅行会社とタイアップしているお土産物さんに寄り、一旦ホテルに戻り帰りの支度をした。小休憩する時間もあって最終的な集合時間になりトランクに荷物をまとめホテルのロビーに集合してバスに乗り込む。


それから帰りの飛行機の時間までカンボジア市内観光をするという。

市内のオールドマーケットを散策をする事になった。

c0073802_21154814.jpg
c0073802_21152044.jpg
ここで、友人からお土産に欲しいと言われた民芸品みたいなモノを探す。ガイドさんからは「値段が付いて無いので交渉してください」と言われたが、それほど安くはならなかった。

私が欲しかったスパイスを潰す道具は、お土産物屋さんでは無く向こうの金物屋さんみたいな店でやっと見つけた。

ヤシの木で作られたそれは定価だったが、同じ素材のレンゲと一緒に即買いした。あとは特に何も買わなかった。あまり欲しいというモノが無かったというべきか。

夫に至っては、確か今回の旅では、仕事場への土産物以外は自分の物はベトナムで買った水牛の「靴ベラ」のみだった(笑)

集合場所で皆が集まるまで待ってる時に、カンボジアでずっと一緒だったパレットさんの「ガイド」だというのが一目で分かる国の制服とエンブレムを写真に撮らせてもらった。(本人の了承を得てます。)

エンブレムの一部の糸が飛び出てますが、まったく気にして無い模様です(笑)

c0073802_21161970.jpg
c0073802_21172303.jpg
カンボジア市内もベトナム同様、バイクがたくさん走っていた。そして、3人乗り、4人乗りも、もちろんよく見かけた。
c0073802_21193170.jpg


次にバスは日本的に言えば「縁結びのお寺」みたいなお寺に行った。

c0073802_21201583.jpg

まず驚いたのが、お寺へのお参りの仕方だった。

お寺に入る道いっぱいに、お供え物用のお花や果物などが売られているのだが、生きたカメと小鳥が沢山売られていた。

カメは池に、小鳥は空に、願いをこめて離すのだそうだ。

c0073802_21210792.jpg
c0073802_21240579.jpg


「誰か買ってみる人は居ませんか?」とガイドさんに言われて、我らのメンバーの一人が小鳥を買って空に飛ばした。

確か1羽が1ドルだったような気がする。1羽を手で囲んだ中から空に離した。

籠いっぱいに小鳥を沢山買って、ばぁ~っと空に離す現地の人も見かけた。

カンボジアの人達は、こうした仏時にはお金をかけるのかもしれない。皆さん、とても信心深いのだった。

あの小鳥は、また誰かが捕まえて来て、籠に入れられて売られるんだろうか。もしそうだとしたらなかなか凄いシステムだと感心した(笑)

寺に入る前に靴の番人みたいな男の人が居て、入って出て来るとその人に靴の守り代みたいにお金を払う。仁王立ちで棒を持っていた。

参拝者は皆、物凄い量のお供えモノを持っていた。


c0073802_21203958.jpg



こういう現地に行かないと分からない様な小さな事に感心した。

その後、ラッキーモールとかいうスーパーにも寄った。

c0073802_21245413.jpg

日本で言えば、ダイエーやイトーヨーカドーとかイオンみたいな感じ。


店内をぶらぶら歩いて、向こうのヤシの実みたいな果物を買って飲んでみた。強烈な甘さでは無いうっすっらとした甘さの果実ジュースだった。
c0073802_21252479.jpg

時間になり空港へ向かう。

バスの中ではこれが本当に最後になるガイドのパレットさんが、お別れの挨拶をした。

そうしてアンコールワット遺跡類を堪能した観光客でごった返す空港内で並んで手続きをして、機上の人となり、そこから約1時間少し飛んでホーチミンへ向かった。

今回ベトナムは北と中部の都市の訪問だったので、次はこのホーチミン市内に行きたいなぁと思った。

c0073802_21263988.jpg
c0073802_21270846.jpg
c0073802_21274611.jpg
c0073802_21282546.jpg

乗り継ぎをして、5時間強のフライトで朝の7時45分着の成田へと帰って来た。


成田では思いのほか直ぐにトランクが出て来た。いつも待たされる事に慣れたので妙に驚いた。当たり前みたいに思うけど、やはり日本は素晴らしい国だと痛感する。

その後、仲間と談笑しながら旅の無事を喜び、別れた。


空港内の銀行では例の何処でも拒否されたベトナム紙幣もちゃんと両替出来た。

ちょっと時間があったので、珈琲は飲みたく無いという事でスープを飲んだ。そしたら同じツアーメンバーの方達も後から来て、皆で笑ってしまった。

c0073802_21290320.jpg

次の日が仕事だったので、成田から即、福島へと帰って来た。


   ~~~~~~~~~~~~~~~~


今回の旅は、風邪ひいてた中の出発だったので、最初はどうなるかと思ったが暖かい国に着いたら、すっかり回復してしまった。

私はベトナムもカンボジアも初めて行ったのだが、アジア特有の不思議な魅力も感じられた。カンボジアのアンコール遺跡群は、特に前から見たかった場所なので、行って実際に見れて本当に良かった。まだ未開の遺跡のほうがわくわく感があった。

知らない場所を訪れるって本当に面白い。ツアー旅行を見下す人もいるけど私は全然そう思わない。言葉が堪能ならまだしも、そういう訳じゃ無い年配者が知らない国を訪れるにはツアーは最適だと思う。

たとえ触りではあっても、その国の雰囲気を数日間味わう事も出来る。

何度かツアーで行ってお気に入りの国とかが出来れば、また行けば良いし。まぁそれも年齢的にだんだん限られて来るのかもしれないけど。今回、同じツアーでは70代の方達もたくさんご一緒したので自分達もまだまだイケるなと希望が持てた。


1月の旅行を数か月たってアップしたが、その間、所用が沢山あって、その度に書く事が止まるので、万が一読んでくださっていた方には甚だ迷惑だったかと思います。


「ブログの記事が長い」って事もよく言われるのですが、そのあたりも申しわけ無いです。
あくまでも個人の独断と偏見に満ちた記録なので、ごめんなさい。

当分は海外は行く予定は無いのですが、また何処かに行ったら書こうと思ってます。

最後までお付き合いありがとうございました。


~完~




[PR]
by mismis10 | 2018-04-07 21:29 | 2018・ベトナム・カンボジア