2018年 02月 18日 ( 1 )

カンボジア・④タ・プロム遺跡


少し歩いてワゴン車に乗って、次の遺跡のタ・プロム遺跡へと向かう。

ここは先ほどのライ王のテラスのジャヤーヴァルマン7世が王位に付いた時に最初に作った寺院で、彼の母親の菩薩を弔うための寺院だそうだ。

c0073802_17013359.jpg

最近ではアンジェリーナジョリー主演の映画「トゥームレイダー」のロケ地としても有名になった。

c0073802_17032531.jpg

木の根っこが血管みたいに遺跡に絡みつき、ちょっと考えらえない風景だった。

建物も中の回廊も何もかも、すべてが遺跡と大木の根との共存だった。
何だかこの世のものとは思えない感じだった。

c0073802_17024762.jpg

木の根っこの空洞に入って記念撮影したりしながら歩く。
我らのメンバーの小柄な友達も自分から喜んで入っていた。私は出れなくなったら大変なので止めておいた(笑)

c0073802_17061355.jpg
c0073802_17063740.jpg

とにかく遺跡が長い時間ずっとジャングルの中に埋まっていたのが良く分かる。
遺跡の石自体もあちこち壊れたままなので、歩くのもけっこう大変だった。


世界遺産としての修復工事の前と後の様子がパネルで紹介されていた。
遺跡の回廊はこうして直されたのかと、歩いて来た回廊の天井まで眺めた。

特に日本の修復工事は忠実に再現してくれるので評価が高いそうだ。

c0073802_17022630.jpg
c0073802_17052417.jpg

c0073802_17054647.jpg

寺院の構造も何がどうなっているのか分からないくらい。ただガイドさんの後を付いて行くのが精いっぱいだった。


太い幹の根本に覆われた中から女神のデバダーが見える場所も撮影スポットになっていた。実際の本物はよーくレンズを拡大しないと見えないくらい木の根本の奥深く座っていた。
ガヤガヤとした大勢の観光客が居なかったら、確かに神秘的だったろう。

c0073802_17070428.jpg
よーく見ると中に観音様が・・・↓
c0073802_17071930.jpg


「もともとジャヤーヴァルマン7世による大乗仏教の寺院だったものを、後世の王がヒンドゥー教のものに建て替えた」という宗教改変の歴史の為に、仏像が削り取られている箇所も多い。宝石が埋まっていたらしい場所は盗掘にあってやはり削り取られていた。


c0073802_17042183.jpg

その歴史とその行為のせいで、ジャングルみたいな木々と絡まって神秘的な、退廃的な、不思議な雰囲気が出ていた。

c0073802_17045048.jpg

そこから、また移動。


ここでお昼を取って、暑い国らしく、ホテルに戻ってお昼休み休憩を取ってから、朝日を見ただけのアンコールワット遺跡へと向かうのだそうだ。

c0073802_17155574.jpg

歩き回ったので、休憩があるのは助かる。
昼間のビールはやはり格別においしかった。


~つづく~





[PR]
by mismis10 | 2018-02-18 17:20 | 2018・ベトナム・カンボジア