クビレとお花見


先日の日曜日。
数年ぶりで、近くの桜の名所を散歩して来た。

個人のお宅の庭と山全部を無料解放している。

周辺は花栽培の農家が多いので、桜だけで無くたくさんの花が咲く。
写真家の故・秋山庄太郎さんが何度も撮影に訪れ『桃源郷』と呼んだ景色がひろがる。


c0073802_0461999.jpg
c0073802_0474090.jpg
実は、このお宅の息子さんと次男は同級生で、
幼稚園のやんちゃ坊主の時は、よくこの山全体を庭にして遊ばせてもらった。

池の中から何十匹ものカエルを捕って来ては、
庭の大きなカメに隠し入れて置いて、それを知らずに開けたお母さんがビックリしたとか・・・。
他にもいろんな逸話がある。(笑)

周辺の幼稚園や小学校の低学年の遠足は、いつもこの山だった。

個人で山を解放していた時は、
桜の季節の春は何処にも行けず一家総動員で交通整理をしていた。

今でもそうだが、この季節には花畑のいたる所に、
夜明けの時間帯から日没までカメラマンが大勢おしかけて来る。

「薄暗い頃に、いきなりその辺に居た人がガザガサと動くんでビックリするの」
と、友人のお母さんがよく言っていた。

自分がカメラをいじるようになったら、
その一瞬をねらう気持ち気持ちは分かるけど、確かにそうだよなぁと思う。

その場所が、ここ数年は市がタイアップして、
ここに来た観光客の人達を周辺の他の場所にも誘致しようと
周辺の駐車場などを整理して、遊歩道や露天商のお店まで出来て、
この季節だけの一大観光地となる。

全国から凄い数の観光客がやって来る。

この周辺の住民は、桜の季節は、
車の乗り入れが規制されて、通行証が無いと自分の家に入れないし、出れない。

そうなってからは、どうも桜が咲いても、なんだか行く足も自然に遠のいていた。

しかし、偶然に時間が出来たので
「最近行って無いね・・・」という話になり、急にコロちゃんと歩いて行く事にした。

まだまだ満開で無いのに大勢の人達が来ていた。

前を歩いていたヒールにジーンズの女のコが、腰パンでヘソや背中を出していた。

どうもコロちゃんは『見せパン』の存在を知らないらしい。
ジーンズの隙間から見えるその存在が気になる様子だった。(笑)
(妻は詳しく説明してあげた。)

そして腰で履くジーンズは、
「ウエストが制限無く広がるので、クビレが無くなってしまい、良く無いんだよねぇ。」・・・とかを話す。

新聞だか雑誌に、若いコ達が、ウエストのクビレが無い体型になって来ているとあったのだ。
ローライズのジーパンも影響してるらしい・・・と。

そんなに急いで若いうちから中年のオバサンみたいに、
クビレの無い体型を目指す事は無いだろうと思うのだが。
・・・いつかはそうなるんだから。(笑)

そして、そんな話をしている最中に、
藤原紀香さんのユニクロのハイラインズジーンズのCMを思い出した。

さらに、それから話はとどまる事なく今度は、
先日たまたまお笑い番組で見た『森三中』のその物真似を思い出した。

「あれは、見た人なら絶対に笑うような紀香まねだった。」
・・・とか、その様子をチクイチ語って聞かせた。

きちんと、ご丁寧にハイラインズジーンズの説明もしてあげた。

ご存じ無い方は、※ハイライズジーンズのCMの「下の方の場所」をクリックしてみて。
(紀香さん、長い足で歩いているから。)


そんなこんな『桜』とはまったく全然関係無い話を、ダラダラとしながら桜見物は終了。


観光客が居ない地元の人くらいしか行かないような場所から、
まだ満開にならない遠くの山をしみじみと眺めて帰って来た。

c0073802_0481455.jpg
山道ではカタクリの花が咲いていた。


なんだか、桜を見に行ったのか、
藤原紀香や森三中の話をしに行ったのか分からない花見だった。(笑)



参考・・・※福島市観光物産協会公式HP

[PR]
by mismis10 | 2008-04-09 01:21 | フラワー関係
<< 当番 水芭蕉とエコ >>