痛話(いたばな~)


先日、車の助手席に乗り込もうとして、
ドアを思いっきり開けた。

急いで乗り込もうとしたので、
そのはやる気分と、ドアの中へ入ろうとする焦りが、
真にタイミング良く合い交わって、私の頬っぺたをガ~ンと一撃した。

思わず目から火が出た。

段差のある場所から乗り込んだので、
車のドアの角と、私の頬がありえない位にピッタしに出会ったのだ。

自分自身が行ったために招いた出来事なので、
誰も責められず、
うぅぅ~~と唸りながら、
カギをかけた家にもう一度氷を取りに戻り、冷やしながら目的地へと向かった。

運転席のコロちゃんからは、
(アンタって)「信じられねぇ」「馬鹿じゃねぇ」「どうやったらそうなるの」
・・・・と連続のお言葉。

(ええぃ~い。なんてヤツだ。妻がヒドイ目にあったというのにぃ~。)
「黙っててっばぁ」
「痛さに耐えてるんだからぁ」
「自分だって、解説なんて出来ないってばぁ」と答えるだけで精一杯。

まさに、ふくれっ面だ。(号泣)

当るのは良いけど、こんな当りは嫌だ。
あぁ~。こんな日々でいいのだろうか。

私って、ホント考えられないような事をする。
それは自分でも納得済み。

さらに、近頃、歯医者さん通いも追加になって超忙し。

歯といい、頬といい、顔といい、頭といい、首から上が全部NGな私。
(まぁ、首から下もNGだけどね・・・。)

そんな『痛かった話』を仕事場でしたら、
皆さん、あるわあるわ痛い話が続々と・・・。


良かった。私だけじゃ無くて。


c0073802_0153155.jpg
クロッカスでも見て落ち着きましょうや。
[PR]
by mismis10 | 2008-03-14 00:20 | 日常あれこれ
<< イタリア料理とアジア進出 芸術家 >>