骨董ジャンボリーと都内あちこち編・⑧・高円寺


次男のアパートは、高円寺なので助かった。
新宿からも近い。

駅から近い場所に、こだわって探したかいがあって、
歩いてすぐに着くという立地条件は、確かに便利な場所だった。

荷物を増やしてアパートに着く。

やれやれとブーツを脱ぐ。

部屋は、一応、ちゃんと掃除してあった。
前回来た時の靴も、別な場所に移動してあった。
(おそらく、私の襲来に合わせたのだろう。笑)

部屋の内部の撮影は不可だった。
もちろん、冷蔵庫内も。・・・残念。(笑)

いったん荷物を下ろしたら、なんだか急激にお腹が空いた。
そうだ。お昼を食べていなかったのだった。

まだ、そんなにお腹が空いて無いという次男をせっつき、
夕飯を食べに出る事にした。

地元の高円寺では、ほとんど外食しないという次男で、
新宿とかで食べたりが多くて、
あとは、たまに会社の先輩と六本木とかに行く事があるという。

その後は、駅に着いたら直行でアパートへ帰宅するのだそうだ。
だから全然、この辺の店は知らないと言う。

「ふ~ん、探検とかしないの?」と聞けば
「しねぇ~」の返事。

じゃ~、母が見つけて来たところに行こうと誘う。(と、何故か得意顔で。笑。)
HPがあったので、それを教えて見せた。

【注意】↓クリックすると音が出ます。ご注意下さい。
dogberryという店。
分かる?と聞いたら、地図を見て直ぐ近くだと言う。

寒いので、完全に防寒して、アパートを出た。
商店街を歩いたら、本当に直ぐだった。(笑)

不思議な雰囲気のお店でレトロな作りだった。
(それが、分かっていて行ったのだけどね。)

空いてる席に座り、色々とオーダーした。
無国籍料理のような〝魔か不思議な料理〟が多かった。

c0073802_121670.jpg
まずは、サラダ。野菜は大事だからね。
c0073802_1212891.jpg
なぜか、ビールに御飯モノを頼む次男。それも納豆が上がってるし。この次男はあまり肉を好まない。
c0073802_1215536.jpg
自家製のジンジャエールをつかったナンタラとかいうカクテルだかなんだか。(覚えて無い。)

c0073802_1221840.jpg
この鍋が胡麻味の鍋で、更にとろけるチーズがかかっていて、これがまた妙に合う。
c0073802_1223833.jpg
具が無くなった頃に、お店のおにーさんが来て、
その鍋にラーメンを入れて再度出してくれた。
すごく旨かった。

3人くらいでお店を切り盛りしていて、お客さんが増えて来たら、とても忙しそうだった。
朝5時までやってる・・・って凄い。しかも年中無休だし。

画像があるのはこのくらいだった。

私が、料理が来るたびにデジカメを出すので、次男が
「周りでも、ブログやmixiで、画像撮る友達が多いんだよねぇ」と言う。
撮影が終わるまで、じっと食べずに待ってあげてるような事を話していた。

ブログが一般的になって来たら、そういう光景が多いように思う。
て、自分もそのうちの一人だけど・・・。

ただ、それも時々面倒臭くなってしまう時がある。

この頃は、その時の雰囲気と、
ヤル気のある時だけの気まぐれな撮影になっている。(笑)

そんなこんな話をして、
最近、結婚式が2件も続いて大変だった話を、次男から聞いた。

勤めたばかりでも、社会人としての一人前の事もしているのかと思うと、
そうやって大人になるんだなぁと、一応、母としては感慨深いものがあった。

それほどお酒を飲まない息子よりも、
その母親の方が多く飲んで店を後にした。(笑)

帰りに、午前2時まで営業しているというスーパーで買い物。
遅い時間なのに、フツーのスーパーみたいに買い物客が多い。
都会だ。

長男同様、やはり水周りを掃除して、お風呂に入り、
「あぁ~疲れた」とか言いながら、就寝に着く。

次男は、私が寝る頃になって、
約束があるとか言って出かけて行った。

いつ帰宅したのかも判らず、朝まで爆睡していた私だった。





(2008・1・12・夜)
[PR]
by mismis10 | 2008-01-26 23:47 | 骨董Jと都内あちこち編
<< 骨董ジャンボリーと都内あちこち... 骨董ジャンボリーと都内あちこち... >>