11月の雪


降りました。>雪。

朝、40、50分かけて仕事場まで徒歩。
まさに、徒歩歩(トホホ)・・・だった。

一級河川の上にかかった橋を渡る時、
バックに入っていたデジカメで、川の中にいた鳥を写してみた。

出勤途中のノロノロ運転の車中から、
雪の降りしきる中、
橋の真ん中で写真を撮る怪しい女をみた人が居たと思う。(笑)

意外と車の中からは、外の人(特に歩道を歩く人)は丸見えなのだ。


c0073802_23393864.jpg
c0073802_23412074.jpg
傘で顔を隠しながら苦労して撮った画像。
狙った雪の中にたたずむ鳥達は、まるで、ゴミのようにしか映って無かった。

傘に降る雪が重いのを、はじめて知った日でもあった。
湿った雪は、傘に積もると意外に重い。

歩道と車道が分かれて無い道路では、
運転する人の歩いてる人に対する優しさと冷酷さを味わう。
立派な車に乗ってる人よりも、そうで無い車の人のほうが、配慮があった。
歩いてみないと分からない。


またひとつ、勉強になった日だった。
[PR]
by mismis10 | 2007-11-22 23:45 | 日常あれこれ
<< 色 レストランとタイヤと雪と文字の... >>