旅日記・③・アンティークフェア・イン・新宿


~高円寺にて~

次男のアパートは、駅から直ぐだ。
あの悪夢の引越しから数ヶ月。

車では不便な場所だが、電車の利用ではとても快適な環境だった。
商店街を歩き、迷う事無くアパートに着いた。

アパートの中は、一応掃除がしてあった。
が、しかし、水周りのキッチンとお風呂場が汚れていた。

冷蔵庫には、なぜか「もずく」のカップ入りが入っていた。
それとマヨネーズくらいしか入っていない。あとは、水だったかな。

外食が多いので、いつも冷蔵庫はこんな感じだという。
身体のために、毎朝「もずく」を1カップ、ちゅるん・・・と食べて行くのだそうだ。(笑)

洗剤が無いと言うので、夕飯を取りに行きながら買う事にした。

この辺で買ってるという店や、深夜営業のスーパーなどで買い物を済ませる。
そうかぁ、こういう環境で暮らしているのかと、一応母親として認識して来た。

さて、何を食べようかという話になって、結局「焼肉」になった。

この次男は、高校生あたりの時は、
親と歩くとか外食をするのを極めて嫌がった部類の子だった。

しかし、社会人になったら、
それなりに大人になったらしく、すんなり私と食べに出かけた。

そうした大人になった息子を前に、
全然大人じゃ無い私は、息子よりたくさんの生ビールを飲んだ。・・・困った親だ。(笑)

会話は、10個質問して、1か2を答えるくらい無口な次男。
そのてん、長男は1か2質問すると、12個くらい答えてくれる。
こりゃ性格だから仕方無いと思いながら、おおよその近況は把握。

親元を離れて都会で暮らす息子に、
言葉には出さなかったが、エールをおくる気持ちでいっぱいになった。
ついこの前まで、よちよち歩きの幼児だと思っていたのに。頑張って欲しい。

アパートに帰宅後、さっそくお風呂場の掃除をした。
頼まれもしないのに「亀の子タワシ」も常備して置いて来た。

雨が降る予報だったので、洗濯はしなかった。
「洗濯は、豆にやってる」という次男を一応は信じた。

c0073802_105939.jpg
低反撥の枕とマットレスを買って置いたというので、そこに寝ようとしたら、
何だか、脇に、気になるモノが。。。

ブーツと靴だった。

この次男、靴マニアのごときに靴をたくさん持っている。
玄関まわりだけでは入れ切れず、こんな場所にもいらしたのね。(泣)

でも、そんなの嫌だぁあ・・・。
寝返り打つと、そこに『靴』があるなんて・・・。

c0073802_112120.jpg
そう言ったら、急きょ『ダンボ-ルのついたて』が。
ありがとさん。

あくる日は、雨だという天気予報が、TVに出ていたのを見て、
どうしようかなぁ~と思っているうちに、いつの間にか爆睡していた。


c0073802_114196.jpg
c0073802_11547.jpg
※配線はきちんと抜こうね。タコ足配線は危険です。タコは特にイケ無い・・。
しかも、こんなモジャモジャでは、駄目だよ。
[PR]
by mismis10 | 2007-10-13 00:55 | アンティークフェア・in新宿
<< 旅日記・最終回・アンティークフ... 旅日記・②・「アンティークフェ... >>