大人の味


世の中、いろんな料理があるものだ。
最近、聞いて驚いたのは、意外なゴーヤの食べ方。
私は、ゴーヤは、ゴーヤチャンプルしか知らなかった。

ゴーヤがスーパーとかに普通に出回るようになったのは、
ここ数年の間だと思う。
それまでは、沖縄の食べ物だとばかり思っていた。

最近では、私の地元の農家でもたくさん作っているらしい。

先日、そんな農家の方からゴーヤをいただいた。
ゴーヤチャンプル以外の食べ方もきいた。

○ゴーヤ・・・1キロ
○砂糖(ザラメ砂糖)・・・1キロ
○梅干(今年漬けた新しいモノでない、2年モノ前くらいのが良い。)・・・1キロ

コレを、ただガラスの容器に漬け込む。
2~3日すると水が上がって来たら食べられるそうだ。

でさっそく作ってみた。

c0073802_2143498.jpg
こんな感じ。
どうも、ギザギザの感じが食べ物に見えない感じ。
ちゃんとした・・・・・食べモンです。(笑)

どんな味なんだろうか。
食べてみた。

c0073802_21451442.jpg
出来上がりの味は、なんとも不思議な味だった。
甘くて、酸っぱくて・・・それでいて、苦い。

まさに、酸いも、甘いも、しかも苦味まであるというあたりは
『大人の味』というべきか。・・・ふふっ。

そういう訳で、あまり多くは食べれない。
1キロは多いだろうと思って、半分の500グラムにしておいて良かった。(ホッ。)

でも、箸休めには、丁度良いかも。

モリモリと、たくさんは食べれないけど、
ちょいとだけつまむには適している感じ。

梅干とゴーヤですから、身体にも良さそうです。

ゴーヤの白い部分は、かなり落とした方が良いみたいです。
あの部分が苦いそうだから。


この不思議な味が気になる方は、どうか試してみて下さい。
[PR]
by mismis10 | 2007-09-02 21:56 | 日常あれこれ
<< まっ黒な思い出 つながり >>