カンボジア・⑧・ベンメリア遺跡


シェムリアップ市内から往復2時間かかる場所にあるベンメリア遺跡は、まだすべてが解明されて無い遺跡だそうだ。

そこは手付かずのジャングルの森の奥深くにひっそりと残っている感じの遺跡だった。

私はツアーで訪れた中ではこの遺跡が一番良かった。木漏れ日の当たる遺跡の感じが、長い年月「そっとここに居ましたよ」と小さく訴えてる感じがした。


入り口周辺でバスを降り、遺跡群が有る場所までの砂ぼこり舞う赤っぽい道を歩いていたら、ガイドさんが両脇の茂みの窪みを指差して「あのくぼんだ場所は地雷で吹き飛んだ痕に出来た池です。」といたって普通に説明する。

青い色の看板は周辺に「地雷があるので気をつけて下さい」という警告文みたいな事が書いてあるらしい。

c0073802_23091696.jpg
c0073802_23094857.jpg
地雷が吹き飛んだ後に水が溜まって池になったという場所にはハスの花が咲いていた。

ガイドのパレットさんは、まだ10歳ほどの時、地雷を踏みそうになったという話を詳しく歩きながらしてくれた。

まだ戦争の傷跡が残る中、遺跡による急速な発展とそれを糧にして生活が成り立っている環境がカンボジアの姿だった。

すぐそこに地雷がある暮らしって何だろう。
何も不安も無く生活出来る自分が申しわけ無いような気がした。
そして戦争は嫌だとつくづく思った。


この遺跡は希望者だけのオプションだったが、前日までの遺跡と違って、訪れてる人数も少なくてゆっくり見て回れた。

c0073802_23111158.jpg
c0073802_23103911.jpg


c0073802_23115670.jpg



高い場所から全体を見回すと、崩れた遺跡に苔が生えているのが良く分かった。


c0073802_23161235.jpg

変わった形のゴミ箱があった。タイヤみたいなゴム製っぽい素材で出来ていた。

c0073802_23172003.jpg

遺跡に彫られてるデバター(女神像)も皆、温和な顔立ちをしていた。

c0073802_23135172.jpg
c0073802_23141683.jpg

c0073802_23132308.jpg


「海外旅行にはいつも一人だ」と話す単独参加の年配の男性(70代)もこの遺跡を堪能していた。

何故一人参加なのかというと、奥さんがまず飛行機が嫌いなのだそうだ。それとトイレが近いのが不安で海外旅行は駄目なんだそうだ。


確かに70を越えると、足腰はもちろん、そういう理由で海外旅行が無理になって来るんだという現実的な事を教えられた。今年、還暦を迎える身の私としては、そう遠く無い話だなとちょっと考えた。


不思議な事に40代から50代前半までは老後は遠く感じたのだが、50代後半になり、もう60になろうとしている今では70代の気持ちがとても理解出来る。


こうして人間は歳をとって行くんだなと思ったが、12世紀あたりからずっとこうして建ってる遺跡を前にすると、人間の寿命、長くても100年なんて大した事が無いような気がして来た。


壮大な長い歴史を持つ遺跡を前に、元気なうちにやれる事をやっておこうと妙に勇気をもらった気がした。


歩いて、またバスに乗ってシェムリアップ市内へと戻って来た。
そして他のツアーの人達と合流してお昼ご飯を食べにレストランへ向かった。


~つづく~





[PR]
by mismis10 | 2018-03-14 23:22 | 2018・ベトナム・カンボジア
<< カンボジア・最終回・市内観光と帰国 カンボジア・⑦ベンメリア遺跡へ行く道 >>