カンボジア・⑥宮廷舞踊・アプサランダンス

夜はシェムリアップ市内の大きなレストランで宮廷舞踊を見ながら、アジアン料理のビュッフェスタイルの夕食だった。入り口には、やはりお決まりのお供え物の飾りがあった。Amazonの名前が出てるということは、そういう系のレストランなのだろう。


c0073802_22590615.jpg
c0073802_22592412.jpg

何千人も収容出来そうな感じで、写真は撮らなかったが、周りにはビッフェ形式に自分が取りたい料理が並んでた。

そこに取りに行くまでに小じゃれたデザインされた小さな小川や橋まで作られて有った。


それはそれで良いのだが、そのせいで何やら小さな虫もいたようで素足の部分を蚊か何かに刺された。お隣の人も同じような事を言ってたのでバックに入れて行ったムヒを渡した。乾期に行ってこれだと夏は大変かなと思った。でも向こうの人達は全然平気そうだった。


レストラン内はとても広くて舞台までが遠く動画や画像が上手く撮れなかった。

凄い美人の踊り手の女性が居たので単独の舞踊の時に前のほうに移動して動画を撮ってみたが、後で見たら表情や衣装の色が実際のとは違ってイマイチだった。

今回も動画や画像はすべてiPhoneだったので仕方ない。iPhoneは近くの物を映すには良いが遠くは無理がある。

c0073802_23060316.png
c0073802_23054439.png

ガイドさんの話では、この舞台で踊っている人達は小さい時に舞踊学校に入り、厳しい修行で一流の踊り手になるのだそうだ。まず、あの指を全部思っきり外側にそった手の形にするために、小さい時から手の指をそらす訓練するのだそうだ。(痛そう~)

踊りを見ながら自分の手の指をそらしてみたが、まったくあの形にならなかった。当然ではあるのだが、ついそうしてしまった。


しかし、もっとも大変なのは、終始、踊りが中腰で腰をそらせている事らしい。(あー、ますます絶対に私には無理だわ。)


最後にステージで写真撮影とかの時間があって、おねーさんと撮影したい人達が上に上がるようになっていた。


旦那さんが上がって行って、一生懸命に奥さんが写真を撮ってるツアーの仲間も居た。
うちはそういうのは駄目でやらなかったが(笑)上がった人達は皆、楽しそうだった。


この後、オプションで市内のナイト・マーケットツアーが有ったが私達はホテルに戻った。

もう、ホントにくたびれてしまったのだ。でもちゃんと夜のコースに出かけた高齢者のメンバーも居た。(元気だわぁ)


~つづく~


[PR]
by mismis10 | 2018-03-10 23:17 | 2018・ベトナム・カンボジア
<< カンボジア・⑦ベンメリア遺跡へ行く道 カンボジア・⑤アンコールワット遺跡 >>