ベトナム・⑨ベトナムからカンボジアへ(その1)


欲しい雑貨やビニールバックはこれまで立ち寄った観光客相手の店にはまったく無かったがなんと最後に寄ったブテックみたいな小さなお店で、欲しかったものを発見。


ひとつしか無かったのも、なんだか私を待ってくれてたかもしれないと勝手に思う。

c0073802_20141823.jpg
誰も見向きもしない品を一人ホクホクとした面持ちで購入。

実はこのライスペーパーを湿らすプラスチックの用具を数か月前にネットで見たが、日本でベトナムから取り寄せると確か送料だけでも2000円を超えてしまう。現地での価格は日本円だと600円くらいだった。

しかもコレ、ベトナムに行ったら何処でも売ってるのかと思いきや、まったく見かけなかった。

c0073802_20143720.jpg
※真ん中にライスペーパーを立てて、両サイドに水を入れる。巻き巻きする前にライスペーパーをしっとりさせる訳です。


まぁ、お皿に水を張って湿らせばそれで良いのですが、私は何故かどーしてもコレが欲しかった(笑)



しかし、こんなもん買ってる人はツアーの中では誰も居なかった。

私の喜びとは逆に「何それ?」っていう反応だった(爆)

更にビニールバックも購入。この手の持ち手が長いタイプのバックが欲しかったのだが、連れて行かれるお店ではまり見かけなかった。

c0073802_20150137.jpg

更にその後、ガイドさんが大きなスーパーマーケットに飛行機の時間調整で寄ってくれた。

日本で言うと大規模なイオンみたいな大手のスーパーで、ペラペラのアルミの匙やレンゲとか業務用品みたいなのが欲しい私には多少イメージが違っていた。

でも買えそうなもんは時間が無いので速攻で買う(笑)

キッチン用具の辺りでは先ほど手に入れたグッズが並んでないかと確認したが無かった。


それから空港へと向かう。


空港の一角で買ったモノをトランクに詰めて搭乗手続き。


c0073802_20162983.jpg
そういえば本場のバインミーを食べて無いので空港内にそういう店があるのかどうかブラブラしてみた。

残念ながらそうしたお店は無かった。

ちょっと近いようなモノと珈琲で休憩。
でもパンは米粉が入ってるような柔らかいフランスパンだった。
c0073802_20165426.jpg

ベトナムはアメリカドル紙幣とベトナム紙幣と日本の紙幣が使えるのだが、私が何処かでお釣りでもらった5ドル紙幣が古いお札で、それを出すと何処のレストランやお店でも「コレは駄目です」という仕草をされた。

空港内の店なら大丈夫かと思ったら、やはり駄目だった。


本物のお札なので成田に着いて銀行で交換したら、ちゃんとレート交換してもらったけど、ベトナム滞在中、いくらそれを出しても、受け取ってもらえなかった。


ガイドさんに話を聞いたら、2千ナン年だったか忘れたが、とにかくある年以前の製造の紙幣はほとんどの店で駄目なんだそうだ。


それの年号が老眼の目では見えないくらい小さな数字なのだ。

こんな小さな数字をよく皆見てるなぁと、そちらのほうが感心したほどだった。(残念、画像撮っておけば良かった。)


その後、残った半端なベトナム紙幣を使うおうと、マッサージ機を使ったりして時間まで待つ。

c0073802_20172103.jpg
c0073802_20175215.jpg
搭乗ゲートのそばにはこれから乗る飛行機が見えた。
なんとプロペラ機らしい。
c0073802_20184130.jpg
c0073802_20182238.jpg
そういうのを見ながら時間を過ごしていたら、搭乗ゲートが変更になった。

これは海外の空港では当たり前のように起こる。初めての時は焦ったが何度か経験してるうちに慣れた。そこへ皆で移動。

いよいよ搭乗かと思ったら、そして、ここでまたアクシデント発生!!

長いので、また。

~つづく~



[PR]
by mismis10 | 2018-02-08 19:56 | 2018・ベトナム・カンボジア
<< ベトナム⑩ベトナムからカンボジ... ベトナム・⑧昼のホイアン旧市街観光 >>