おしゃれな努力

HPやブログなどに、あまり身内の話を書かないほうがイイとか言う人もいるが、
私に家族が居るのは、皆さん知ってるコトだし、
その辺をひたすらに隠すのも妙におかしいので、時々コドモの話なんか書いてしまう。

それに私は、他のサイトの管理人さんが、
自分の家族について書いてる文章を読むのがけっこう好きだ。

うちの長男は、おしゃれでは無い。
(断言するのもなんですが・・・苦笑。)

例えば、へアースタイルを例にとっても、
若いクセに、今どきのスタイルを気にしてる様子はまったく無い。
時々、寝癖をつけたまま学校へ向うので、同居してる弟が呆れてる。

確か美容院にも行ったけど、その時の美容院さんの態度がどうもイヤだったらしい。
たまたま美容師さんとの出会いが悪かったのか、それ以来あまり行きたがらない。

母としては、妻夫木クンのようなヘアースタイル希望なのだが、
本人は、そんなコトどうでもいいようだ。
(アレは無造作に見えて居ながら、実は高度なテクも必要なスタイルみたいだし・・・。)

最近では、もっぱら決まった床屋さんの決まった人にやってもらうのが定着したようだ。
それはそれで良い事だ。

彼は凄いエピソードを持ってる。
大学生になった時、メガネの他に、使い捨てのコンタクトレンズをそろえた。

が・・・しかし、
彼は、それを1~2回使用しただけで、使用期限が来て「捨てた」人だ。
フツーは有り得ない・・・が本当の話だ。
(ちなみに使用期限は3年だよ。3年・・・。)

母が『決める時はコレで決めなさいよ』と言ってあげたのにも係わらず、
ついに「決め時」は来なかったらしい。(爆)

おしゃれは努力が必要だ。
でもそういうのに時間をさくのが、どうやら面倒くさいらしい。
てか、そんな時間があったら、おしゃれとは別の努力をしたいらしい。

確かに難しい本を読めと言われても、その気の無いコは読まないように、
頭に付けるモノを考えろと言われても、その気の無いコは考え無いし付けないよなぁ・・・。

しかし、そんな彼は料理が上手い。
ちゃんと自炊の出来る男は、コロちゃんを見てるせいか、とても大人に思える。(笑)

我が子ながら、手際も味付けも、すこぶる良い。
これからの男子は、こうでないといけない。

そう言っては何だが、
こういう家事・料理を難なくやってしまう男子は、
家庭を持つと奥さんはとても楽なのだが、意外に若い女の子はこの辺を見過ごしてしまいがちだ。

コロちゃんのDNAたっぷりで、何も出来ない弟のほうがモテるのが実情だ。

さらに、彼は話も誠実で、どんな人とも話すのを苦にしない。
思えば、生後数ヶ月くらいから愛想の良かったコだった。。。(笑)

いまだに、私にかかってきた電話の友人(オバサン)と、さんざん談笑してから、
私に電話をかわるくらい愛想がよろしい。

ココのところ、調子が悪かったPCも直してもらった。
その不調の原因も、サルにでも、私にでも、理解出来るように説明してくれた。
(コレって、なかなか出来そうで出来ない・・・・。)

スーパーで、辛いモノ好きな息子に、コレを買っておいた。
c0073802_1251111.jpg

仕事場から、もしお昼に食べる時は「画像撮って置いてね。」とメールしたら、
ちゃんとそのリクエストに答えてくれた。
しかも「お皿。適当なモンを選んだからみしゅらんさんのオサレーなページに合わないかもしれません・・・。」
なんて返信が来た。こういうトコまで神経を使うのは、男子にして置くにはもったい無いほどだ。
c0073802_1415335.jpg


そういえば、昨夜、私が先に寝てたら、
珍しく後から寝室に来たコロちゃんが、ピッカピカと電気を点けるので、
せっかく気持ち良く寝てた私は安眠を妨げられた。

私が逆の立場の時は、
先に寝てる人を起こさないように、ケータイの光で足元を照らすのに・・・なぁ。

微妙なトコだが、こんなとこで、相手の細やかな部分を知る時がある。
そういうのって、付き合ってみないと分からないのだよね。

彼は、そういう父を持ってる息子なのに、
そういう部分の配慮も行き届いた人なのである。

その彼が、本日、帰るそうだ。

また新学期になったら、燃える勢いで頑張ってください。母からエールを送ります。
[PR]
by mismis10 | 2005-08-20 01:37 | 日常あれこれ
<< 世界へ向けて 地震で受け取ったモノ >>