松山、高松、倉敷、大阪の旅⑯

~大阪・その4~

「あべのハルカス」

大阪で旬といったら「あべのハルカス」だと思った。
何でも高い所に上るのは好きな私達は、そこに行ってから空港へ向かおうと思った。

荷物が邪魔なので、それを帰りに通る場所のコインロッカーに入れて、さっそく移動。

しかし、あべのハルカスに着いたら、あら~ビックリ!!物凄い行列だった。
c0073802_2123098.jpg


例によって、並ぶの嫌いな夫を説得して最後尾に並ぶ。
あれよあれよいう間に後ろにも人が並ぶ。みんな頑張るんだなぁ~と感心した。

しかし、並んで見てたら、その最後尾がず~と後ろだと分ると、あきらめて帰る親子連れもいた。

とにかく、東京スカイツリーもだけど、なんでこんなに並ぶんだ~と思うくらい並んだ。
案内や誘導の仕方はスカイツリーのほうが親切で理路整然としてた。関東と関西の差だろうか。

ぐずる赤ちゃんやら、飽きちゃった幼児やらがいるのはどっちも共通。これは仕方無い。
それとお年寄りを連れて来てる人が意外に多い。車椅子の老人の方もけっこう居た。
そのお年寄りは本当の所、来たかったのだろうかって感じに疲れている感じだった。

「あべのハルカス」は高さ300mの建物で、地下2階から14階までは近鉄百貨店で16階に美術館。そのフロアから19階までがオフィスで、19階から57階までが大阪マリオット都ホテルになってる。そこから上の58階・59階・60階が天空庭園や、ショップや展望台になっている。


並んで順番が来ると2階でチケットを購入。また更に並んでエレベーターの前までやっと誘導される。2階から16階までまずは上がる。どうもコレはエレベーターじゃ無く「ハルカスシャトル」というらしい。さらにそこからまたフロアに出て展望台エレベーターに乗り換える。

一緒に上った気持ちになってもらおうと画像を撮って来た。
※ちょっと目がまわるかもしれないからご注意ください。

「行き」がハルカスシャトル内。

「帰り」が展望台エレベーター内の動画。


そうして展望台からあちこち見るが、なにせ土地感がまったく無いから、「あー、高いな~」「建物や車が小さいな~」としか思わない。
これは高い所に上がった時はいっつもそう。(笑)なら、なぜ上がるんだって話だが。

かろうじて緑色の公園が「天王寺公園」やら「天王寺動物園」だと分ったくらい。
c0073802_21265396.jpg


吹き抜けの場所には「あべのべあ」が居た。
c0073802_21271623.jpg

レストランでお昼を食べて、ぐるっと見てから下に降りて来た。
c0073802_21274053.jpg
c0073802_21281117.jpg


上がってしまえば、高い場所って皆同じ感じなのに、どうしてこうして上りたいんだろう。不思議。
c0073802_21284038.jpg




~つづく~
[PR]
by mismis10 | 2015-04-05 21:30 | 松山、高松、倉敷、大阪の旅
<< 松山、高松、倉敷、大阪の旅(最終回) 松山、高松、倉敷、大阪の旅⑮ >>