暑い東京・②・谷中銀座

私達の間において谷中散策は、大袈裟だが実はずいぶん前からの懸案(けんあん)だった。

まだそれほど雑誌やTVで取り上げられるような谷中ブームが来る前に、私が「谷中散策をしてみたい」と話したら「地元だから案内出来る」と話題に出たまま一緒に出かけた事は無かった。
しかしながら、桜の季節とか気候の良い頃ならまだしも、こんな熱中症の多発している酷暑の時に歩くような場所では無いような気がする。

それでも彼女からの「墓地あたりをボチボチ歩きますか?」というメールに「みんなが空を見上げてる間、土を見るなんて素敵。」とか返信して二人で、お馬鹿なやり取りをしていた。

当日、彼女の考えてくれたのは台東区循環バスの「めぐりん」に乗っての移動。
台東区がバスでそれぞれのコースを循環して回っているのだという。
私なんか考え付かないアイデアだ。ジモティは素晴らしい思い付きをする。

バス停まで歩いて行く途中、組み紐専門店や、何かの工房みたいな職人さんの店を横目に歩く。ちょっとレトロな店もたくさん見かけた。季節の良い頃なら、こうした店を見ながらの散策も面白いだろうなと思う。ただ今のこの暑さじゃ無理だった。ただ歩くだけでも立ち止っても、汗が出る。着て来た洋服もNGだったので、死ぬほど暑い。

汗を流しながら「東西めぐりん」のバス停へ。
c0073802_2036309.jpg


バスを待っている間、区の放送が聞こえて来た。
「大変気温が高いです。」「小まめに水分を取って熱中症を予防しましょう」「外出は控えましょう」
ホントだよなー。こんな凄い日に、つき合わせてしまって申し訳無い。

やがて来たバスに乗ると、冷房がありがたい。涼しい。

狭い道幅をのんびり走るバス。
雪見さんの説明で、旧東京音楽学校奉楽堂や、寛永寺や、お嬢さんの出た中学校を見ながらバスに揺られた。

谷中銀座に近い場所で降りて、また歩く。
短い距離だと言うが統一感のある通りだった。
c0073802_2040519.jpg


この時、おそらく午後2時過ぎ頃だから、一番気温の高い頃だろう。
さすがに、こうした暑さでは人も少ない。いつもなら凄い人がいるらしい。
パラパラとしか人が居ない通りに水撒きしているお店の人もいた。
c0073802_20403995.jpg


谷中と猫の組み合わせは有名で、屋根にリアルな猫の置物が飾ってあった。
ちょっと見ると本物の猫みたいだった。

実際、この通りには猫がたくさんいるのだという。
c0073802_20412439.jpg
c0073802_20414155.jpg
100円ショップの看板もこんな感じ。
c0073802_20423040.jpg


暑い中、二人でぶらぶらする。
近くに、有名なかき氷屋さんがあるので、そこに行こうと歩く。

何度も言うけど、本当に暑かった。
考えたら、35度とか36度あったら、私は家から出ない。彼女もそうだろうと思う。
お付き合い、ありがとうと思いながら道を歩く。
[PR]
by mismis10 | 2012-07-28 20:59 | お出かけ(2012)
<< 暑い東京・③・ひみつ堂&谷中墓地 暑い東京・①・蔵前 >>