台湾・1・台湾桃園国際空港着

2012年5月。
今回の台湾行き。全員福島県内の人。福島、郡山、いわきと回って行った。
全部で14人で、私ら夫婦が一番若いようだった。
65歳から70歳初めくらいの方が多くご夫婦連れがほとんど。成田までの往復バスがあるというのは、乗り換え無くては良いので年配者に人気なのかもしれない。
大型バスにゆったりと座って行く。
しかし、朝の4時起きはけっこう辛かった。まぁお年寄りは平気なのかも。

常磐自動車道路を走り、成田空港へ。
c0073802_023627.jpg
c0073802_0231483.jpg
途中、休憩に寄ったパーキングで「納豆ジェラード」を食べる。
どんなもんなんだか食べたかったので。
さすが納豆、粘りのあるアイスだった。


しかし、それを横目で見てたコロちゃん(夫・旅の間はこのHNで。)が、
しきりに「気持ち、わりー」と言っていた。

私が食べてるのだから、あーたのコメントは要らないのに。

初めて乗る「EVA AIR」
c0073802_0233562.jpg
機内食もいまいち。
しかしながら、非常に盛りが良いパスタ。

機内で書く入国カードは、どうしてああも揺れる時に渡されるのか。
しかもマヌケな私。
職業欄に堂々と「HOUSKEEPER」(家政婦)と書く。

主婦って「HOUSEWIFE」だよね。
ずいぶん後で、それに気付く。
市原悦子じゃねーし、ましてや松嶋奈々子でも無いのに。大笑い。
コロちゃん、家政婦を連れての台湾の旅。(すごっ。)

で、4時間もしたら台北に到着。
日本との時差は1時間だそうだ。日本の8時は台湾では7時。

c0073802_0235375.jpg
トランクが出て来るのを待つあいだ、ふと上をみると、漢字文化の表示発見。こういう風に書くのかぁ。

c0073802_0241047.jpg
諸手続き終えて、やっと出口へ。
今回のツアーの添乗員さんを見つけ、名前をチェック。

いざ、台湾のツアーバスに乗ろうとすると、約1名が行方不明。
一人で参加の69歳(後に聞いた年齢)の男性、Mさんが居ない。
のちのち、このお方、あっちこっちで居なくなる。

40歳ぐらいの台湾の女性添乗員のYさん、大急ぎで捜索へ。
私達はしばし、その場で待つ事になった。

ややしばらくして、別の日本人ツアーのバスにすでに乗っている彼を発見して連れ戻す。
Yさん、ご苦労さま。

そうして乗った二階立てバスが、妙にゴージャス。
ひらひらのカーテンのおかげで景色が見え難い。
c0073802_0243285.jpg
しかも、せっかくの二階立てバスなのに、前面のほうには大きなTV画面が。
c0073802_0244239.jpg

時々降るスコールみたいな雨が、ワイパーが無い前面ガラスを覆い何も見えなくなる。
しかし、天井付近には、なぜか無駄に七色の電飾が光る構造。

観光バスだけど、観光しずらいバス。

添乗員のYさん、曰く。
「台湾人、あまり深く考え無いです」
「使う人の立場になってはモノ事を、考えません」

なるほど。

こうして、九州くらいの大きさの台湾を一周する旅が始まった。
バスと特急列車で、約1500キロ以上は走った事になる。
[PR]
by mismis10 | 2012-06-06 00:40 | 2012・台湾
<< 台湾・2・バイクの国 イベントの報告 >>