カテゴリ:古いモノ・アンティーク( 55 )

「Le jardin de Noël 2014」のレポート

先日、11月の末にbrancheさんでのイベント「Le jardin de Noël 2014」が行われました。すっかり定着した感のあるこのイベント、今年で6回目だそうです。

自宅の展示はbrancheさんがひとりでやりました。
あれだけの飾りを全部一人でやるとは、まったくもって超人としか言えません。(笑)

とてもあの空間で生活しているとは思えない素敵な仕上がりで当日手伝いに行った時に非常に驚きました。もしかしたら、そんな驚く姿を見たいがために頑張ってくれたのでしょうか。そのせいか分かりませんが当日はbrancheさんはというと、ほぼ徹夜のせいか幾分ぽわ~んとして居りました。(笑)でもオープンしたら、しゃき~んと変身してました。さすがです。

ちゃんと画像を撮れなかったのが残念ですが、テーブルの上の照明のあたりは、まるで深い森の中のクリスマスみたいでした。
c0073802_2053575.jpg
c0073802_2055712.jpg


初めての方やら、毎年楽しみにして来てくださる人達がたくさん集まってくださったようです。始まる前にはすでに行列が出来ていました。二日間のうち、初日は冬とは思えないお天気で、寒さ対策はまったく必要無かったほどでした。

c0073802_2056351.jpg
c0073802_20562344.jpg


c0073802_20564832.jpg
c0073802_2057040.jpg


沢山の作家さん達の作品やアンティークの品やお花達やらに囲まれた上に、さらに美味しい食べ物がたくさんあって至福の感じでした。

手伝いで中にいるとほとんど画像が撮れません。出されたお料理もケーキもパンも、もっとたくさんお伝えしたかったのですがこんな感じの画像で申し訳無いです。

出展された方達、お出かけくださった方々、楽しい時間を共有させていただいた皆様、ありがとうございました。

また来年ねー。(って、強調して言っておこうっと。)
[PR]
by mismis10 | 2014-12-01 21:14 | 古いモノ・アンティーク

「ちいさなちいさな蚤の市とおでかけきなこカフェ」を終えて

9月の連休の最終日の15日にイベントに参加させていただき無事終了しました。

当日はお天気も大変良くて、私はbrancheさんのデッキに素敵なお部屋を作っていただくという超のつくようなVIP待遇でした。しかも其処にはオシャレなテントまで張っていただき恐縮でした。いっそあの場所に住み付きたい程でした。

いつもの事ですが、brancheさんは女にしておくのは勿体無いくらい何でもやってしまうスーパーウーマンで、ここでそれについて詳しく書き出すとブログが終らないほど大変な事になってしまうので割愛させていただきますが、ホントに凄い人なんです。

事前のお手伝いにもまったく行けず、すべて彼女が寝ずに準備して、私はちゃっかりと場所だけ借りただけでなく、その場でお小遣いも出来た上に終わった後の撤収まで手伝ってもらいました。ホントにありがとうね。
c0073802_18241982.jpg


きなこちゃんは生後数ヶ月の赤ちゃんと一緒に参加でした。赤ちゃんはプクプクと可愛いったらありません。赤ちゃんも何やらいつもの感じで無いのは分かっていたかと思います。でもそこは男の子、多分、辛抱したはずです。(笑)

きなこちゃんは一人で赤ちゃんをおんぶのままカフェを切り盛りしていたらしいのですが、どんどんとお客さんがひっきりなしに来て、ついに赤ちゃんは床に置かれたようでした。

そんな時に救世主のように現れたbijiのYちゃん親子がそんな窮地を救ってくれたようでした。抱っこされたまま私の居るデッキに来て「床に置かれていたあぁ~」と教えてくれました。(Iクン、受難~。笑)きっと戦場だったに違い無いです。でも救われたね。良い友人が居てくれて本当に良かったです。

ちょっとお客さんが引いてから下に行ったら、お客さん達も、皆、子育て経験者の方が大半で赤ちゃんをあやしたり、抱っこしたりとしてました。

brancheさんも少し一段落して、きなこちゃんが忙しくなった時におんぶしてあげていました。今のおんぶ紐って、私が子育てしていた時とは全然違うのですね。興味シンシンでした。

とにかく、お客さんも友達もオーナーも、皆がそれぞれに手を貸してあげて、これが本来の「働く母を支える姿」の原型だよなぁーと感動してしまいました。

今回の企画は急に決まったのですが、そのわりに大勢の方がいらして下さいました。

なかには10時半の開始時間なのに、9時代から並んでくれてる方もおりました。デッキの上の私と、そうやって門の外で並んでいる方と話したりして(ホントはそんな事してる場合じゃ無いのに)楽しい会話もしちゃいました。
c0073802_18271433.jpg



お店の場所はあくまでも閑静な住宅地の一般住宅地なのですがbrancheさんはご近所さんと良いお付き合いをしているので、空いてるご近所の駐車場を貸してくださったりと皆さんから受け入れられてる感じがしました。

自宅のリビングもいつもはそこでフツーの生活をしてるのですが、いっそカフェに変更して欲しいほどです。これは私のブースに来ていたお客さんも口々にそうおっしゃってました。皆、brancheさんのファンなんですね。


お客さんがひいてから、(多分、裏メニューで、)ご馳走になってしまったきなこちゃんのハンバーガー。遅いお昼をいただきました。ご馳走さまでした。まったく厨房の手伝いは出来なかったのでケーキなどは姿・形を見ることも無く完売で終わっていました。
c0073802_1831890.jpg



秋に入ってもこの日は日差しが強いくらいの晴れた日でしたが、イベントというよりも何か楽しい集いみたいな感じでした。


お世話になったbrancheさん、きなこちゃん、来てくださった皆さま、ありがとうございました。
[PR]
by mismis10 | 2014-09-17 18:50 | 古いモノ・アンティーク

ちいさなちいさな蚤の市とおでかけきなこカフェ

お友達のbrancheさんの所での「ちいさなちいさな蚤の市とおでかけきなこカフェ」に参加します。

持って行くモノをチョイスする作業をしてますが、アンティークの品だけじゃ無く、エッ何コレって言うようなモンも持って行こうと思ってます。
たたき売り(ってバナナじゃ無いって。笑)コーナーも作ってしまおうかなーと目論み中。

きなこカフェさんは実店舗が育児休暇中ですが、いつものカフェがbrancheさん宅で楽しめます。ぜひお出かけ下さい。
c0073802_16211519.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「ちいさなちいさな蚤の市とおでかけきなこカフェ」

  9月15日(月・祝日)  蚤の市 10時半~16時 
                  きなこカフェ  11時~15時(L.O)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※詳細は【branche】さんのブログへ
[PR]
by mismis10 | 2014-09-12 16:23 | 古いモノ・アンティーク

空カフェマーケットのお知らせ



今年はやたらと台風が多い。
また、次の台風が接近している。

東北はそんなに台風の影響を受けないし、途中で温帯低気圧に変わって海のほうに去ってしまうから、それほどひどい目にあった事もあまり無かった。

でも最近は気候の変化のせいか完全にこちらまで来る台風も多いし、なにせ『東京電力福島原子力発電所」があるから、常にその心配もある。いつも雨や地震のたびに「原発は大丈夫かな」と頭に浮かぶ。汚染水どころか、また大きな地震が来たら、大変な事になってしまうのではないかと。

所詮、自然の災害には人間は弱い。文化がいくら発達しても人間がそういう力に立ち向かうのはつくづく大変だなと思う。こうも自然災害が多いとどういう手立てが一番良いんだろうと考える。

どんよりした空の下でそんな事を思った。

で、そんな台風に負けないで今年最後の空カフェマーケットが行われます。
歯の治療の関係とかでご無沙汰していまいましたが、10月最後の日曜日には参加させていただきます。台風の影響が無いといいな。

もし雨なら、室内になるかもしれませんが、皆さまぜひお出かけ下さい。
c0073802_994018.jpg
※8月のマーケットの時の様子。


詳しくは空カフェさんのブログ等で。【空カフェマーケット】
[PR]
by mismis10 | 2013-10-24 07:08 | 古いモノ・アンティーク

空カフェ・マーケット(2013・8・25)の報告

8月の最後の日曜日、空カフェマーケットに参加して来ました。
事前のお知らせのブログを書くのを忘れてしまいすみません。
母の事もあったので、どうかなーと思っていたのですが参加出来ました。
c0073802_0195250.jpg


東北の小・中学校は、夏休みが短いので明日から新学期という中、KIDSマーケットの小・中学生達も元気に参加しておりました。まだ宿題終わって無い子供店長さん達は家に帰ってからが大変だろうなと思いながら。

しかし、東北は年々暑い夏になってるので、いくら冬が長い休みとはいえ、都会の子達よりも1週間も早くはじまるのはちょっと可愛そう。まぁお母さん達は早く学校へ行って欲しいだろうけどね。
c0073802_0202559.jpg


マーケットは、顔馴染みの方達や、新しい出店の方もいて、山の中でのんびりと行われました。北海道から来た人形劇団の公演があったりして、小さなお子さん連れの家族が沢山来ておりました。

私はいつも凄い荷物で、その荷物の搬入や撤退にとても時間がかかるので、今回は小さなガラスの器を中心に少ない荷物で参加してみました。バタバタと慌てる事も無く、時間にゆとりも出来たので、次回からはテーマを決めて持って行くやり方が良いのかもしれないと思いました。
c0073802_0211285.jpg
参加以来最小の荷物。いつもはこの5倍は持って行ってたなぁ。(苦笑)
c0073802_0214263.jpg
ぱらぁーと並べてみた図。
c0073802_0215989.jpg
自分の椅子から見た図。

小さな子が、グラスやテディベアを熱心に何度も見に来てくれたりして可愛かったです。

参加された皆さん、お世話になりました。
おいでくださった皆さん、ありがとうございました。
[PR]
by mismis10 | 2013-08-25 23:58 | 古いモノ・アンティーク

イベントの感想


6月7日(金)8日(土)に行われたbrancheさんでの『Le jardin de la fleur 2013』の報告と感想です。

お天気にもまずまず恵まれ、薔薇ばかりでなく、素敵な草花が咲きほこる中でのイベントで、大勢の方が訪れて下さってました。作家さんの作品は撮って無いですが、とても素敵な感じでした。

友人でもあるJ子さんは、ほとんど徹夜で準備をしてたので、仲間うちではとても心配していましたが、さすが若さ、しっかり2日間を店主を務めてました。携帯で撮って来た画像です。雰囲気だけでも。
c0073802_22551419.jpg
c0073802_2255425.jpg
c0073802_22555931.jpg
c0073802_22561467.jpg
c0073802_22571210.jpg


J子さんが庭から摘んで来た花々を至る所に飾り、お客さまをお出迎え。
c0073802_2258148.jpg
c0073802_22582494.jpg
c0073802_22585311.jpg
c0073802_2259156.jpg
c0073802_2304122.jpg


私は素敵なキッチンで厨房のお手伝い。
腰の悪い私にJ子さんが高いスツールを準備してくれていました。感謝。

一緒にカフェ部を頑張った友人Kさんが楽しそうにしている画像を撮ってくれました。ありがとうね。すっかり自分の家のようにしている私。こんなキッチンで料理したいなぁー。
c0073802_2312334.jpg



また、会計等を頑張ってくれたNちゃん、Tちゃんとは、休憩時には、お腹が痛くなるほど大笑い。2日目のNちゃんの会話を思い出すとまた笑ってしまう。だめだ~。まったくいつでも底抜けに楽しい人達です。
c0073802_231551.jpg
c0073802_2351221.jpg


毎年、こうしてイベントをちゃんと行うJ子さん、凄いな。ホントにお疲れさまでした。

c0073802_2352986.jpg

久々にお会い出来た方達とも話が出来て、これまた楽しい時間でした。
ありがとうございました。
[PR]
by mismis10 | 2013-06-09 23:11 | 古いモノ・アンティーク

空カフェ・アンティークマーケット(2013・5・26)の報告

報告遅くなりました。

先日の日曜日。空カフェアンティークマーケットに参加して来ました。
お天気が心配だったのですが、荷物を車に積んで、いざ土湯の方角に向かって走ってると何だか山が曇っていて不安。

とにかく雨さえ降らないといいなと山道を上って行ったのですが、結局、開催中、雨は降らず、それどころか、快晴でした。

空カフェさんのマーケットも、まずは、このアンティークマーケットから始まる訳で。
段々と、口コミも含めて広がって来てる様子です。
準備をしている段階で、すでにゲートの向こうの坂道には長い行列が出来ていました。
c0073802_23572285.jpg


私は、調べたら2007年から参加させてもらってるようで、出れない時もあったけど、こうして続けて来られて良かったと思うわけです。
いつも声をかけてくれるNちゃんに感謝。相変わらず庭で遊ぶ子供達や、ちょっと上手く撮れなかったのですが、今回、新たに開拓した山側の木々で遊んでる子供達も居ました。
c0073802_23574929.jpg
c0073802_23584470.jpg



買う買わないは別にして、毎回、顔を出してくれるお客さんと話をするのも楽しい。
もう常連さんになって来てる人も来てくれている。
それと意外に若い男の子(20代前半)のお客さんが、古いブリキ缶とか買って行ってくれたりする。お若いのに、こういうのが好きなんだーと、こっちまで嬉しくなる。
c0073802_021320.jpg


仙台からの友人もかけつけてくれて。
久しぶりに顔が見れて嬉しかったです。ありがとう。

また出店されてる友人・知人と話したり、売られてる品を見たり食べたりが超楽しい。
今回も食べた、食べた。

Mさんがお薦めのネック・別名「せせり」っていうのを初めて食べてみた。
焼いていたのは、空カフェの校長先生。
c0073802_031031.jpg


おいしかった。やっぱりこうなるとビールが欲しいけど、車だからノンアルコールビールで。

後は「よしなり」さんの蕎麦。これも、すごく美味しかった。
c0073802_033522.jpg


おいしかった話ばかりで申し訳ない。

あぁ、そうそうアンティークはなかなか売れないの。でも、常連さんとか、若い人とか、そういう方々がそれぞれ気に入った品を選んでくれたり話も出来て今回も楽しかった。


広げた荷物を全部しまって、車に積んで、空カフェさんの店内でひと休み。
ブルーベリー酵素ジュースを飲んでから山を降りて来た。
c0073802_043471.jpg


来て下さったお客さん、ご一緒してくださった皆さん、ありがとうございました。
[PR]
by mismis10 | 2013-05-29 23:27 | 古いモノ・アンティーク

空カフェ・アンティークマーケット(2013・5・26)

お知らせです。
告知がたいへん遅くなってしまいました。

今度の5月26日(日)空カフェさんで、アンティークマーケットがあります。
今年初めてのマーケットは、まずはアンティークマーケット。

県内外からの出展のお店がそろいます。
私も参加させていただきます。
ぜひお出かけ下さい。
日曜日は快晴の天気予報~。
この庭でどんなマーケットが広がるか楽しみです。
c0073802_2011551.jpg


詳細はをクリックして、空カフェさんのブログでご確認くださいね。
[PR]
by mismis10 | 2013-05-23 20:12 | 古いモノ・アンティーク

負け惜しみ

ネットでも友達からも情報をもらっていたが、なかなか行けないでいた「OLD DAYS」さんに行って来た。
c0073802_23421830.jpg


「どんどん宣伝して下さい」と言われて写真も撮らせていただく。まだお店のフライヤーもショップカードも無いという。(場所は福島市内をご存じなら八島田街道沿い。野田町のヨークタウンの先です。)
c0073802_23424468.jpg
c0073802_23425528.jpg


福島は、こういうちょっとコダワリのある店が時々出来る。でもいつの間にか閉まってしまう場合も多い。長く続いて欲しいな。ネットでの販売方法が主流らしいが、実際にこうして手に取って見れるのはやはり嬉しい。

まだお店はオープンしたばかりだったが数人のお客さん達が店内にいた。
日本の古い品物がほとんどだが、なかなか面白い物も沢山あって、ちょっとだけ見るつもりが、やっぱり何かを買ってしまった。

しかも3・11の震災で、陶器類はかなりヤられたので、もう買うのはやめようと思ったのだが、元々が好きなものだから見ると欲しくなる。

まずはガラスで出来た大根おろし器を発見。ガラスに気泡が入っていて古いのかもしれない。
裏側にはショウガやにんにくおろし付きだった。
c0073802_234813100.jpg


私は「おろし器」に縁が無いのか、どうもイマイチで、いつも何か使いやすいのは無いかと思っていた。そういう訳で「おろし器」はいつの間にか沢山保有のこのありさま。しかしながら使うのはいつも同じ物。それも最近一番使ってるのは100均ショップの品というお粗末さ。

さっそく使ってみたら、いい感じだ。ガラス製は匂いが移らないのも良い点だと思う。
c0073802_23484876.jpg


更にミッドセンチュリーぽい器を発見。
しかしどういう風に使われていたかは不明だった。お店のスタッフの方に聞いてもよく分らないと言う。私の想像では、昭和の頃のスナック類のおつまみとかを入れてた器ではないかと思うのだが。どうなんだろう。
c0073802_23491294.jpg


が、ここで話は終わらない。


せっかく5枚あったこのお皿。
なんと包んでいただいたプチプチを外した途端にスルッとテーブルに落とした。そして壊れた。木っ端微塵に。(泣)
c0073802_23494215.jpg


あぁなんてこった。一瞬の出来事に唖然。一度も使わないうちに終わったお皿。
やっぱり陶器はやめなさいって事だったのか。

くやしいので、黒は色が暗いから要らないって事だったんだ。そう思う事にした。

完全に、私の負け惜しみ。
[PR]
by mismis10 | 2013-02-07 23:57 | 古いモノ・アンティーク

骨董ジャンボリー(2013年・1月)後編・+初コストコ

3人で、東京ビックサイトから東京駅へと向かう。いつも電車や「ゆりかもめ」しか使った事が無かったが、Bさんがバスの方が良いと教えてくれた。

駅について、東京駅の地下街に行く事になった。
さんざん悩んだが、結局飲み放題のお店に決定。

この日の夜、福島まで車で帰る事になっていたので、私を乗せて帰る友人Aちゃんはアルコールを飲まないと言ってくれていた。オーダー聞きに来たお店の人にも、そう言ってちょっと考えさせて下さいと言っていた。

友人Bさんが私の顔を見ながら「私達だけの飲むって嫌よねー」
とか言ってるうちにその気になったAちゃん、結局参戦してくれる事に。

Aちゃんが「じゃ、みしゅらんさん、うちの娘の所に一緒に泊まって明日の朝、帰ろうよ」

私が一緒でなければ彼女は娘の所に、即、泊まれる環境なのに悪かったなぁと思った。
お互い、留守番の旦那のほうに連絡をいれて了解をもらう。
小さな子供とか居ないで、お姑さんとか同居して無いって、こういう時は有りがたい。

しかし、そう決まると後はもう想像通りな訳で。

飲む、飲む、食べるという具合。
あまり大人数で無い分、話も盛り上がった。

料理はイタリアンなのかな。ワインとかも多種類あった。
お店はいつの間にか、若い人達でいっぱいだった。
c0073802_2345523.jpg
c0073802_235831.jpg


そこを後にする頃には、ほんとにお腹いっぱいになっていた。

Bさんと別れて、はじめてAちゃんの娘さんのお宅訪問。
考えたら、次男もすぐ近くに住んでるのにそこに泊まらずお邪魔虫だった。
しかし、朝一緒に出るにはAちゃんにくっついていたほうが良いかと思ったのだ。

駅ビル内で下着を購入。
着々とお泊り準備をしながら歩く。

次男宅に行きたくない訳もあった。

じつはAちゃんちの子の入学が決まってアパート探しに同行した事があった。
たまたま紹介してくれる物件の不動産会社が次男の住む街だったので日曜日に一緒に行ったのだ。

電話しても、メールしても、いつもそうなのだが、彼はほとんど出ないしメールも返信が無い。
親を馬鹿にしてるのかと思うほど出ない。

回りの息子を持ってる友人に聞いてもそういう息子は聞いた事が無い。
まったく何考えてるのか不明なヤツ。

ちなみに長男は同じ親から生まれた子なのに、この次男とは全然違う。
まるで友達みたいに、しょっちゅう電話して来る。

なぜ、こんなに差があるのか。未だに解らず。

(前振りが長いが、そういう事を知った上での話と読んで欲しい。)

つまり従って、そういう次男のツンデレな性格な上に、
いきなりの日曜日の朝の訪問になってしまったのだ。

私が次男のアパートに着いてピンポン押しても全然出ない。
インターフォンにも出ない。

完全に「空振り」だった。

そのだいぶ後で次男からは「留守にしていた」と電話があった。

それをAちゃんに話すと、
「そりゃ、絶対に居留守だよ~」と爆笑。
「彼女とか居てさ、お母さんがいきなり来たから出なかったんってば」
と言われた。

はぁ~、そうかなぁと思ったが、思いたくもない。
でも、アイツならそうかもなぁと。

そんなこんなコトも思い出した。まったく~。
あぁ、思い出したら腹が立って来た。

(で、回想録からまた話は戻る。)

アパートは便利な商店街を歩いての場所だった。
Aちゃんに色々周辺の様子を聞きながら、住みやすい環境だなと思った。

さすが女の子のお宅は綺麗にしてある。
どこかのアホ息子とは違うなー。

バイトから帰った娘のCちゃん、玄関の私のブーツで驚いたらしい。
お母さんからのメールを見てなかったようだ。
「すみません。おじゃましております。」と笑いながら、ご挨拶。

小さい時から知ってるけど、すっかり綺麗な都会のコになっていた。
留学の為に授業の後でバイトしているのだそうだ。偉いな。

5階という場所がこれまた良くて窓からの夜景の景色も良かった。
朝明るくなった時には、東京スカイツリーも見えた。
c0073802_2354446.jpg


こうして一泊させてもらい、次の朝、また都内を少しまわって、
Aちゃんの計らいで「COSTCO新三郷店」経由で東北自動車道へと。

このAちゃん、本当に都内に住んでるって言っても疑わないほど道を知ってる。
「カーナビ、あるからだよ」って謙遜してるけど、わたしゃそういう機械があっても道に迷う人なんで、もはや尊敬を越え、私的には神様的存在。
こういう人が友人でホントに良かった。お世話になりました。お嬢にも。ありがとう。


~番外編~
「初めてのコストコ体験」

もう常連さんのAちゃんに色々話を聞きながら、広い店内でお買い物。
なんでもカンでも大量にあって、初めての私はキョロキョロしっぱなし。

2人暮らしなのに、なんだかんだと買い物して来た。
こうしたお店が近くにあったら、目的が合えば便利だなと思った。

c0073802_2361460.jpg
c0073802_236303.jpg


しかしマジで量が多い。
3lのジュースを家族2人で飲む。なかなか無くならない。
c0073802_2383141.jpg



~おわり~
[PR]
by mismis10 | 2013-01-13 23:21 | 古いモノ・アンティーク