カテゴリ:旅(仙台編)( 1 )

プチ・オフ会in仙台

仙台に行って来た。

ネット友達のにじちゃんが来るというので、
一緒に行かないかと、あんじゅちゃんが誘ってくれた。
pinoちゃんと3人で行って来た。

仙台市がある宮城県はお隣の県だけど、距離的には80キロほど北に向かう。
東北に住んでいない方達には位置的にピンと来ない人も居るけど、
福島県の方が南に位置する。
(たまに、聞かれる。>「ドコにあるの?」って・・・。笑。)

c0073802_15172489.jpg
どうでもいいが、東北自動車道路にて、セレブの食パンを運ぶトラックを発見。意味も無く激写・・。(爆)

仙台市内を走っていたら、市役所かの建物前に前日の快挙に、さっそく、
「金メダルおめでとう荒川静香選手」の垂れ幕発見。
pinoちゃんに車の窓から、シャツター切ってもらったが、あいにく写って無かった。
(まぁ、荒川さんが居たわけで無いので、いいか・・・笑。)

嬉しいよねぇ。
地元から、世界一の人が出たんだもん。

早めに着いたので、車を駐車場に停め
『キャトル・セゾン』などのショップをのぞきながら、時間を過す。
ココで、便利そうな蜂蜜をすくうスプーンを購入。

時間になったので、仙台駅前に車で移動。

会う前に、にじちゃんが行きたいと言っていたという
郊外にある店と、繁華街にある店と、
一番効率良く回るには、どう動くか、色々と計画を立てた。

にじちゃんは、ご両親とお子さんと温泉に来たので、
約束の時間までの限られた時間しか無かった。

駅前では、pinoちゃんが車から降りて、探しに行く。

以前あった駐車場が工事中なので、
なかなか来ない2人を待って迷惑かけない風な場所に路上駐車していたつもりだが、
警備の人に車の移動を促がされる。

多めにみてくれないかなぁ~とあんじゅちゃんと話したが、
2回も移動を言われたので、どうも動くしか無い。

仕方ないので、〝グルグル回って、また駅前に来よう作戦〟に変更・・・。(笑)
あんじゅちゃんは、仙台の街を良く知ってるけど、それでも土曜日だ。人も車も、とても多い。

迎えに行ったpinoちゃんと、携帯電話で連絡をとりながら、やっと合流。

にじちゃん。
はじめての東北の仙台は、どうやらイメージ的にかなり寒いと思ったらしく、凄い重装備だった。
見た瞬間、私よりも東北人ぽかった・・・。(笑)
私は、個人的にその姿にとても感動・・・。大うけだった。(ごめんよ~、勝手に。)

「雪、無いのねぇ~」のコメントに、一同大笑い。
(相変わらず彼女は、天然さんだった。・・・爆。)

私以外は、皆、暖かい格好だ。
でもそれは、みんなが正解だった。
私は、無理して(笑)薄着して春を先取りして行ったつもりだったが、これが最後までアダになる。
思ったほど気温が上がらず、寒い寒い・・・。
(一番「年寄り」なのに・・・とほほっ。)


c0073802_1520699.jpg
郊外の『イギリス館』に行く。
別館Ⅱで、古い窓枠をリメイクした黒板を購入。
何に使うあても無いけど、本日の献立でも書くかなぁ。(笑)

c0073802_15203387.jpg
c0073802_15204999.jpg
『ミッスルトゥ』のお花屋さんで、原種のチューリップを購入。
ここのおねーさんは、おっとりしてる感じの方だけど、センスがいい。
あんじゅちゃんお気に入りのお花屋さんだ。
水やりの仕方なども聞いて来た。

c0073802_1521884.jpg
c0073802_15212863.jpg
そこの中にある店『ゾーナ』さんでパスタの昼食。
ホントは違う場所を考えて居たけど、時間的にどうしても無理だった。

そこから、また移動。
今度は、また市内の繁華街へ。

ところが、また車を置く駐車場探しで、街の中をグルグルまわるハメに・・・。
背の高いあんじゅ家の車は、入れる駐車場が限られるのだった。

やっと、それらしい駐車場が空いてたと思ったら、
契約車しか入れなかったり、横はいりされたりと、けっこう大変。

とにかく、スケートじゃ無いけど(笑)グルグルまわりながら、なんとか入れる場所を確保した。

『ガルソンニエール』さんへ行く。
1周年記念の「1er Anniversaire」をしていた。
c0073802_15215698.jpg
じつは、にじちゃんは、ここでは作家さんなのだった。

そういっては何ですが、彼女は、ネット界や本などで有名な方で、
〝天然〟なんて言っては失礼なくらいファンの方も多い人なのだった。

なんだかどこで知り合ったか、すでに忘れてしまったけど・・・(ごめん)
そうした有名な方になる前からネット友達だった。
オフ会とかでも、以前に会ってるので、気さくに話してしまう私だった。(笑)

しかし、こうした女性がどんどん世の中に出て来て、本当に凄いと思う。
センスと才能がある女性達が、その才能を伸ばして行く姿は羨ましいと思う。
どんどん頑張って欲しいなぁと心から応援。

そして、自分が彼女達の歳の頃には、いったい私は何をしてたんだろ・・・?
と少々恥ずかしい気もした・・・。

まぁ、過ぎた日々を思っても仕方無い。
私にも、一応まだ先もあるコトだし・・・。(笑)

気負いも無く、ほわ~んとした感じの彼女から、パワーを分けてもらいながら、
『カフェ モーツァルト』さんで、お茶にした。

話をしてたら、あっと言う間に時間になる。
(こうした時間はすぐに過ぎてしまうのだった。)

急いで、駅へ向かう。
バスの発車時間まで、数分しか無いので、途中から4人でダッシュ・・・・爆。
どういうわけか、最後はいつもこんな感じ。(笑)
息切れしつつ、お父さんに「もうすぐ着くから」と電話する、にじちゃん。

わかる所まで行って「さよなら」をした。

あとで、pinoちゃんに電話がかかって来た。
何かの事故の影響で、温泉へ向かうバスの到着が遅れてるとのコト。(あらら・・・)

そうして、その後、今度は3人で街をぶらぶら。

これが、午後あたりになって来ると、やっぱり更に寒い。
やはり冬装備の皆さん、正解。
私だけが「さぶぃよ~~」の連発で街を歩く。

c0073802_15223472.jpg
あっちこっち行って、最後は、牛タンで〆るコトにした。(笑)
『利久』さんに行く。

みんなで「にじちゃんにも食べさせたかったね、牛タン」と話ながらいただく。
「明日か、今夜、旅館で食べれるよね」などと言いながら、食べる食べる。
お店も暖かくて、おいしく食べた後は、身体も温まってやれやれ・・・。

またソコから、駐車場に戻り、高速で帰って来た。

で、pinoちゃん
「今日は、飲み会だよ」と小学生の息子君に言って来た手前、どうも、まだ時間が早いという・・・。(爆)

また市内某所で、お茶して、話をして(またかい・・・。)
そろそろいいかなぁ~という時間になった所で、御開きとした。

あんじゅちゃんが、私達二人を、それぞれ家まで送り届けてくれた。

しかし、運転しないで乗ってるだけって楽でいいなぁ・・・。
クセになりそう・・・。(てか、もうすでにそうなってる感じ。笑。)
運転ご苦労さまでした。>あんじゅちゃん。

皆さん、ありがとう。
私も老体にムチ打って連れて行ってもらって良かったです。
楽しい事してるあいだは、肩が、とっても楽なんだよね~。なんでだろ??(笑)
また遊んで下さいな。


イギリス館・ミッスルトゥ

ガルソニエール

利久
[PR]
by mismis10 | 2006-02-26 15:37 | 旅(仙台編)