カテゴリ:未分類( 15 )

大人の平日



先日、出れる人達だけで、空カフェマーケットの女子会が行われた。

和食のおいしい料理の店だったが、行く直前にカードの紛失に気が付いた私。

詳しく書くと長くなるので今日は省略して後日書くけど、ここの所「ミニ振り込み詐欺」っぽい目にも遭ったりした後だったので“なんだか付いてないなー”という気分だった。

そういう時は静かにしているべきかもしれないが、そう出来ない私。
気がかりではあるが、飲み会もとても大事な訳でして。

ちゃんとお料理をいただき、お酒も飲んで来た。私が最年長だから、若い方達の話は聞いてるだけでも楽しい。特に異種業の人達の話は面白い。
c0073802_7422268.jpg


しかし、さすがに2次会には行かず帰って来てから大捜査の開始だった。

この辺りかも・・・という場所は、頭が痛くなるほど探した。

しかし中々見つからない。

もし見つからなかったら、次の日朝イチでカード会社に連絡だよなーと意気消沈気味に探した。

片っ端から持っているバックをパカパカと開けて探す、探す。

でもやっぱり見つからない。

数時間捜したが、見つからないので諦めかけていた時、自分ではまったく意識の無いバックの中からカードが出て来た。

もちろんフツーのカードも紛失したら駄目だけど、紛失したのが、50歳以上の人が持てる「大人の休日倶楽部カード」だったので必死だった。
c0073802_7425155.jpg


更に、都会の電車移動の時に使うために、お気に入りのアンテプリマのカードケースを買ったばかりだった。私としては、このカードケースが無くなったコトも悲しかったのだ。

まぁとにかく肝心のカードも、ケースも出て来たので嬉しかった。

田舎に住んでいるので移動は車ばかりだから、地元ではスイカ機能の付いたカードもカードケースも使わないコトが多い。でも上京の折、あの改札口でピピッとICチップに触れるの時に、裸のカードで無くケース付きにするのは、私の場合、可笑しなコトに一種の都会人への憧れに近かった。そうした意味でケースも同時に無くなったコトが最大のダメージだった。

見つかって良かった。

歳と共にどんどん紛失物が多くなって来ている。参ったなー。これで無くしたコトすら忘れたらヤばいよなぁ。そうなったら病気だよね。それに近い時もあるけど。気をつけよう。
[PR]
by mismis10 | 2013-11-05 07:47

空カフェマーケット(2013・10・27)報告

ちょっと間が空いてしまいましたが報告です。
c0073802_21273462.jpg


今年最後の空カフェマーケットは、台風の影響を心配して雨かなと思いましたが当日はからっと晴れてくれました。
c0073802_21244951.jpg


が、しかし。あと数分で開始というくらいの時間になって、お天気雨や風が出て来て、庭でオープンの準備をしていた出展者の方達も室内に移動したりしました。
c0073802_2125193.jpg


私の場合、細々としたモノが多いので、どうしようか悩んだ末に、ご近所の皆さんに手伝ってもらいながら、木が茂っている下に移動。ここは葉っぱ沢山あって小雨ぐらいは防げたので結局最後までココで。

マーケットの時は食べ物が楽しみなのですが、持ち場を離れられずなかなか買いに行けない訳で。

持ち場から離れられずに居るうちに売り切れとか出てしまうコトも多く、今回も早々とそうした店が出ていたようでした。いい香りばかり嗅いでいたのですが残念でした。

それでも今回はたくさん食べれたほう。
とういうか後半になって時間が出来たら、食べてばかりいたというのが正解かも。
c0073802_2126995.jpg
c0073802_21262434.jpg
c0073802_21264544.jpg



終了後は、空カフェさんから「すいとん入り豚汁」と「おにぎり」の差し入れをいただき、皆で食べてから家に帰って来た次第。
c0073802_2127597.jpg




お会いした皆さん、ご一緒した方達、空カフェさん、お世話さまでした。
また来年ね。
[PR]
by mismis10 | 2013-11-02 21:38

一夜干し


いつまで暑いのだろうと思っているうちに、急に秋の気配が。
元気にしてますのでご安心下さい。

相変わらず歯医者さん通いは続いて、年内の完治はもう諦め気味。
年齢のせいか、とにかく時間がかかる。

さて、そんな歯医者さんとは縁が切れないカルシウム不足の私ですが、スーパーでカマスの特売に遭遇したので買って来た。「塩焼き」と「一夜干し」が良いとラップのラベルに書いてあったので「一夜干し」に。

ネットは便利だよね。
やった事ないコトでも、画像でも動画でも見れてしまうもん。

こうしたモノが私の幼いうちからあったなら、今の私で無い私が居たかもなー。
そんな事がちらっと頭をよぎったが、まぁそれは置いておこう。

釣りもしないし、海の近くに住んだ事も無いので、数あるやり方の画像からとりあえず自分に合うようなのを選んだ。

カマスって魚は「片袖開き」って方法で開くのだそうだ。
頭は食べないから、切り落としても良さげだが、そういう風に書いて無いので検索したとおりの方法でやってみた。
c0073802_14184123.jpg
c0073802_14185879.jpg
c0073802_14191318.jpg
c0073802_14193253.jpg

そして塩だけでなくお酒も入る調味にして、40~50分、冷蔵庫で寝かす。
その後、ザルに干してみた。

このザル、前に梅干作りで買ったのだが、震災以降まったく梅干なんぞ作って無い。
ここで役立って良かった。

干し方も実に色々あって、洗濯ピンチに干すのもあった。
また時間もそれぞれで、一夜干しって言うわりにそうで無いのもあった。
私は一晩干して朝日を浴びてから取り込んでみた。

素人が作ったので保存は考え無くて、翌日いただいた。
自分で言うのもなんだけど非常においしかった。冷酒が合う、合う。
あー、こうして人間は自然の恵みを受けてるのねって感激した。
c0073802_14195920.jpg
c0073802_14215240.jpg


しかし、最後の最後まで悩んだのが、お顔というか頭。
あの頭の部分は干す段階から取ってしまっても良くね??
アレって干してる時も生臭さ満載でした。

食べるのは自分なんだからねぇ。
店頭に並べる訳じゃ無いし。
今度やる時はアレンジしちゃうかな。(ってまたやろうと結構、意欲的だわ。)

そうそう、この一夜干しの作業をやってる時に、このブログを読んだ友人が違う用事で連絡をくれた。そのなかのメールに【バカ殿のジャム】の記事のバカ殿ってどういう意味?という一行があった。

志村けんのバカ殿さまは歯が無いので、そうしたイメージで書いたのだが、確かに検索したらバカ殿様の役の志村けんは顔は真っ白だけど、口の中には歯があった。

「“変なおじさん”と勘違いしたのかも」と返信したもののどうも記憶がアヤフヤ。
これまた調べたらこちらも歯はあった。

じゃ~“ひとみばぁーさん”かと、それもついでに調べたら、ばーさん役の志村けんにもちゃんと歯があるでは無いか。

前歯が一部真っ黒な志村けんさんの顔のイメージがあったんだけどなぁ。
あぁー完全なる私の思い違いかも。失礼しました。


しかし、この検索で知ったのだが、志村さんは、なんと完全な“総入れ歯”なんだそうだ。
ひぇ~、驚いたなー。


歯の話にはじまって歯でお話が終わった。(ちゃんちゃん。)
[PR]
by mismis10 | 2013-10-19 14:29

乾杯

今日は私の誕生日だった。
c0073802_2321282.jpg

特別に嬉しいって訳でも無い。
誕生日って子供時代の時しか嬉しく無いよね。

子供の時分にはこうして歳をとっていく自分を想像すらしなかった。

だいたいにして、三十代あたりから誕生日が来ても自分の歳がいくつだったかアヤフヤになって来た。

昔は今の自分と同じ歳の大人の人を見て立派にみえたが、実際自分がそうなった所で何だか精神的に立派な大人になったとは全然思え無い。

でも好きな数字の5が二つ並ぶ歳だから何だか妙に縁起も良さそうだし、ベタな例えだけど、ゴーゴーっていうコトでこれからも元気に頑張ろうと思う。(決意)

それにしても、そんな日、町内会の集まりで夜の会議に出なければならず。

夫は飲み会。
集まりで出された寿司折を家に戻ってから開けてビールで一人乾杯。
c0073802_2322325.jpg
けっこう大人だわー。私って。
その程度の日なんだよね、こうしたお歳の誕生日って。
[PR]
by mismis10 | 2013-10-12 23:27

バカ殿のジャム

すっかりご無沙汰しちゃいましてすみません。放置状態になるとスポンサーのCMがでちゃうんですね。

まだインプラントは全部終了してなくて継続中ですが、腫れもひき、おかげさまで元気でおります。

が、しかし、治療は前歯。
仮歯があっても「長い時間入れ無いように」って先生からも言われてるし。確かにまだそれを入れると違和感があって痛いんですよね。てことは『バカ殿様』みたいに前歯部分が黒い空洞のままで日常生活を過ごす訳です。あはっ。

最初はとても恥ずかしかったのですが、自分が見え無いのをイイことに段々慣れっていうのが出て来るんですよね、これが。

まずは夫の前でも最初は隠していたのが一旦見せたら妙に平気になって。

さらにこの頃では、宅配便のおにーちゃんの前でも、さすがに大きな口は開かないけど、いちいち仮歯を入れずにハンコ持って出てしまう訳です。まったく恐れを知らないオバちゃんだ。


まぁ、そういう訳で体調良くなって来てからは、外に出れない分、引き出しの中の整理をしたり、禁断の部屋である納戸の整理をしたりして過ごしてました。断・捨・離もちょっとは進んだ気がします。


更に、ろみさんのジャムの本を見つけたので、ジャムなんか作ったりしていました。
c0073802_0302816.jpg


これがまた、今までの私のジャム作りとは全然違っていまして、ほほぅーと感心してしまいました。
c0073802_0305783.jpg



※「はちみつレモンミルクジャム」「イチジクとコアントローのジャム」(本では「イチジクとカルヴァドスのジャム」)
c0073802_031206.jpg



あー、でも、これって、バカ殿がジャムを作ってるって想像しちゃうよね。
まっ、そうなんですが。

自分でも、笑える。
[PR]
by mismis10 | 2013-10-01 00:39

Le jardin de la fleur 2013

お知らせです。
今年もまたbrancheさんで、素敵なイベントが2日間行われます。
花咲く庭を見ながら、是非お出かけ下さい。


【brancheさんのブログ】

c0073802_7323142.jpg



今年はどんな風になるのか、楽しみですね。
[PR]
by mismis10 | 2013-06-05 07:33

振り返ること

少し前までは考え無かった、いや、少なくとも三十代、四十代の頃はまったく真剣に考えなかった事に“自分のこれまでを振り返る”という事がある。

半世紀を生きて来て、最近先が短いと思うのか、それともただ単に暇なのか、とにかくある日そう思った。しかしさすがに54年前の誕生までさかのぼるのは少し大変。

それで結婚した1979年までさかのぼってみて34年間の出来事を、家族が増えたり、親族が亡くなったりとかの自分の家での出来事の歴史を紙に書き出してみたのだ。

結婚と同時に専業主婦になった私は2人の子供がある程度大きくなるまで家に居た。下の子が小学校に上がる頃にパートの仕事をし始めた。

いくつかのパートの仕事を経た後、母の介護という事で継続的な仕事は出来ない感じになってからすでに5年が過ぎてしまった。

義妹が他界しなければ、母が倒れなければと、そうした既に起きてしまった事を考えてみてもどうにもなるまいが、あれよあれよと言う間に時間だけは確実に過ぎて行ったというのが実際の所だ。

しかし、いろいろ書いてみて出来上がった紙をみたら「三十年以上も過ぎても自分って大した事をしていないんだな」というのが率直な感想だった。

大体にして、干支で数えたら十二年をひとつの区切りとして2回、十年をひと昔って言うならば3回も過ぎているのに何だか進歩が無い。私はこんな事を頑張って来ましたというような威張れる事が無いのだ。

この先、あとどの位人生が続くのか分らないけど、何だかこのまま終わってしまうのも何だかなぁと思った。でも、取り立てて何かをやりたいという事も無い訳で。それはそれで自分が情けない。


先日、縁があって、震災以降、福島へボランティア活動をしてくださってる方を仮設住宅まで送迎した。私財を投じてこうした活動をしている年上の女性には本当に頭が下がる。更にそうした事に情熱を傾け生きがいを持つ姿を羨ましくも思った。

しかし冷静に考えても自分にはそうした事は出来ないとも思った。勝手な言い分だが、気持ちはあってもすべてをそれに打ち込む事までは出来ない自分を知っているから。


c0073802_0181193.jpg


人生の半分を過ぎてしまった後は何を生きがいに頑張れば良いのか。そういう事も真面目に考える歳になった。
[PR]
by mismis10 | 2013-02-12 00:20

良い子へ

Amazonで、姪っこのクリスマスプレゼントを注文した。
もう中一なんだから、ゲーム機なんぞ要らないだろうと思うのだが、どうしても欲しいというので、クリスマスとお年玉兼用でって事でまんまと計略にかかった。
c0073802_10475835.jpg


しかし、私にはもちろん孫も居ないから良く解らなかったが、買った人が書いてるカスタマーレビューを読んでみると、その多くの祖父母たちがこれを注文している。今や一人の子供には6人の大人が背後に付いてるというのが解った気がした。

しかも、こうしたプレゼントは入手方法も年々大変で、どうも旬な時に買わないとソフト類などは特に買えないようだ。

今回、この本体とアダプターと、欲しいソフトとまとめて買おうとしたら、PCが固まってレジが先に進まない。何だかおかしいなぁ~という数分後には、さっきまで5個だかあったはずの在庫のソフトが全部、売り切れ。

狐につままれた気分だった。

昔の感覚で「おこずかいを貯めて買いなさいね」なんて、のん気な事を言ってたら何も買えない時代なんだろうか。結局、店頭にも並んで無い場合、ネットで買うのが一番の入手近道なのだけど、なんともプレゼントを買うっていう楽しみが半減されちゃうな。

中途半端にゲーム機やソフト類に詳しい小学生あたりだと、幼児みたいに親の判断でプレゼントを用意する事も出来ない。

今夜あたり、そうしてサンタさんの代わりをする親達も大変な思いをして枕元にプレゼントを置くのだろうか。

そういう事を考えていたら、昔、息子らにお願いされたプレゼントが結局買えずに「ごめんなさい」の手紙を添えて違う品を置いた事を思い出した。

その時から、息子はサンタさんの存在を信じなくなったそうだ。
ごめんよ。

まぁいつかは夢も覚めるのだから、それはそれで仕方無い。
でも、世の中の親や大人はこうして苦労してるのを良い子達はわかってね。
(って、このブログは良い子は読まないか。笑)
[PR]
by mismis10 | 2012-12-24 10:54

地球の終わりは40億年後



中国では、12月の21日にこの世の終わりが来るという噂で、お金持ちはシェルターを購入したり、一部の人は他人を巻き添えにして事件を起こしたりしているらしい。中国当局は、そうしたデマを広げた宗教団体の人達を逮捕したりして噂を消そうとやっきになってるみたいだ。

しかし、それでも噂が広がっているので、ついにアメリカNASAのデータから「12月21日は絶対に世界最後の日にはならず、地球は今後40億年は正常に運行される」と強調して古代マヤ暦によるとされる「世界終末論」の噂を信じないように呼びかけているらしい。
c0073802_22502721.jpg
※お借りしてきた地球の画像

私はこのネットの記事を読んで21日が最後の日とは思わなかったが、それよりもむしろ世界終末があと40億年先と聞いただけで何だか少し安心した。

それは、3・11以降何百回も続く余震を経験した者としては、こんなに地面がぐらぐらしてたら、いつか本当に日本が、そしていつか地球が滅びてしまうのでは無いかと度々思ったりしたから。

不安な気持ちというのをいつも持っているのは辛いものだ。

ここの所、私の住む福島も一見普通の日常が戻って来たような感じがするが、いつも頭にあるのは、“あの位の大きな地震がまた来るのでは無いか”という気持ち。

だから、先日の大きな地震の時は、一瞬、またアレを繰り返すのかと焦った。
トラウマみたいになってるのだろう。

そういう事を一切考え無く過ごして来た昔が懐かしい。
[PR]
by mismis10 | 2012-12-19 23:07

胡瓜



皆さん、あまりブログの話題にしないけど、ちょっとお金の話を少々。

東電からの賠償金の8万円をもらった。
18歳未満の子供と妊婦は40万円、避難した人はプラス20万の60万円で、その他の人は8万円。

“その他”に該当する私は、申請請求した後、大体1週間ほどで振り込まれた。
早い人達はかなり前にもらったようだが私はつい先日の出来事。

しかしなぁ、この賠償金。
「これから先は、何があっても、もう賠償はしたからな」っていう感じの念書じみた話だ。

しかも、まるで馬鹿にしているとしか思えない金額の8万円。
これだけ生活を脅かされ、健康がどうなるのかも不明なこの状況に対して8万円で何をすれば良いのだろうか。もらえるだけ有り難いと思えとか言う人もいるが、この放射能被害の代償としてはあまりな気がする。

実際、月々10万円の賠償金額を支給されている非難区域からの人からみても、たった1回のこれだけかいという印象を受けてる人は周りに多い。ただ声に出して言わないだけだ。

放射能の数値が高くても、そんな事が賠償に反映される事も無く、ただ既成事実として「お金をやった」という感じがする。

もっと違う形での賠償は出来なかったのだろうか。
聞いた話では、中には、こんな形で賠償したと東電に思わせたく無いと請求しないという人もいるのだそうだ。私はそこまでの根性が無いので、8万円はいただいた。

でも、なんか違う気がして仕方無い。

ここの所、実家に行く用事の他に、自分の事で眼科や歯科とか病院等に行く事が増えて、待合室で待たされる間、賠償金の話があちこちでされていた。

不思議な事に会話する時に出て来るのは「賠償金」っていうネーミングでは無い。
大体の人は「東電からのお金」とか、その他の扱いの人達は、ずばり「8万円」とか言う。

先日は病院で待ってる間、目の前を3人の子供を連れて歩いている母親が通ったら
「子供だけで180万だね」と全然知らない中年のオバさんが私に話しかけて来た。
明かに、私の方を見て話しをするので焦った。

そのオバさん、避難して来ている仮設住宅の人の毎月の支給額についてもやたらと詳しく、支給されるのはお米とか味噌や醤油もだと、追加情報を教えてくれた。
「だからお肉とか魚さえ買えば困らないのよ」と言う。

どうしてそんなに詳しいのか不思議だったが、とにかく一方的に色々と語ってくれる。

しまいには「仮設住宅に住んでる人達は裕福なんだ」とまで言い出す始末だった。
でも、そう言った後で「でも住む所が無くなったんだから気の毒よねぇ」とも言う。

同じ福島市内でも、避難して来た人と前から住んでる人との温度差はいろんな場所でけっこう感じる時がある。

「絆」って言葉が嫌いだと言う人も多い。東北の被災地の中でも放射能があるだけで差別されて、賠償金でも差をつけられて、日本の中でも福島の中でも「絆」なんかズタズタになっている。

避難して来ている人は確かに大変だと思う一方、自分達は、何だかついてないと思ってる人が多い。
知らないオバさんの話を聞いていて、そんな事を感じた。

いやはや、話が止まらない感じの所で、タイミング良く名前を呼ばれて、ホッとしてその場を離れた。

普段でも、知らない人に話しかけられる事が多い私だが、つい先日は、スーパーの買い物中に、バラ売りの胡瓜を前に、全然まったく知らないオバさんから“正しい胡瓜の見分け方”をレクチャーされた。

熱心に語ってくれたので最後は「はぁ、ありがとうございます」とお礼を言ったりした。
良く分らないけど、それが礼儀かと思ったので。

まぁ、福島もパチンコ屋さんと飲み屋さんが結構繁盛しているらしい。
それと車を買い代える若い世代の家族が増えてるのだそうだ。

私の場合、せいぜい胡瓜の良いヤツを買うくらいしか無いのか。
[PR]
by mismis10 | 2012-04-27 23:33