旅日記・NY・秋編・4・「ザ・ワン・ハンドレット」さんへ

今回の旅は5泊7日。
前半の2泊は、ブルックリンのB&Bのザ・ワンハンドレットさんへ泊まる。
The One Hundred
築160年の建物のB&Bで、日本人の画家のYOKOさんがオーナーである。

YOKOさんは、地球のあちこちを旅して歩いた経験を持ち
結婚してニューヨークに居を構えて、
お子さんが生まれる直前まで、自分のB&Bの仕事をしていたという。

2月に生まれたという女の赤ちゃんは、YOKOさんそっくりで可愛かった。
可愛いパピヨンのアイドル犬『HOHOちゃん』も居た。
c0073802_23353923.jpg


内装は、アンティークの素敵なインテリアで統一されて、思わずうっとりしてしまう。
てか、その辺りの何を見てもヨダレが出そうだった・・・。(笑)
c0073802_23353938.jpg


ザ・ワンハンドレッドのパーラー(客間・談話室)は、
市のランドマークに指定された建築物として、
天井・壁などほぼ完全に160年前の姿を残しているとHPで読んで行ったのだが、
なるほど実際に、その空間に居ると、
まるで、自分がいつの時代に来たのかさえ解らない錯覚を覚えた。
c0073802_23362116.jpg
c0073802_23365261.jpg


とにかく、家そのものがアンティーク。
調度品や、小物に至るまで、ほとんどすべてがアンティーク。

欧米だけでなく、アジアなど東洋の古い物もさりげなく、シックに飾られて居た。
それも、その時は気が付かな無かったが、後で話を聞くと、
すべてYOKOさんが、その目で選んだ品を、かつ格安で手に要れたそうだ。
そのお話を聞いて、これまたビックリ。
c0073802_23371619.jpg
c0073802_23373567.jpg


さすが・・・としか言いようが無い。

特に中国製のアンティークは、NYは、値崩れを起してる感じだそうで、
お店の隅っこのほうに、ほこりをかぶって居る中から、貴重な品を見つけて来たという。
それが、良く見せていただくと、かなりの年代モノのようだった。

到着して、その素敵なパーラーでお茶をいただきながら、宿泊の手続きしたり、話を聞いた。

ご主人も、挨拶に出て来てくれて、もうすぐ日本に帰るというお友達がお手伝いして居た。
滞在中の私達の予定を聞いて、それに合わせて朝食を作ってくれるらしい。
周辺のお店の案内も、細かくしてくれた。

その話の中で、最後になってから、YOKOさんが、
「脅かすわけでは無いのですが、お話しておかないといけない事があります」と言う。

なんだろうと思ったら、
NYのブルームバーム市長がTVで、地下鉄のテロの危険性を発表したというのだった。

明日は、地下鉄に乗る計画が沢山あるのに、大変だ。
(日本でも、それが報道されていて、留守宅は気を揉んで居たらしい。)

まぁ、日本に帰国したら、その情報は政治利用だとか、
国土安全保障省との温度差があるとかの記事も出ていた。

その時は、そんな事は知らないから、
これは大変だと日本とアメリカの両方で思っていた訳である。
しかし、そんな中でも、とりあえず、明日の予定はこなそうという事にした。

カギの掛け方などを実際に練習して、部屋に向かう。
古い建物は、住むには、それなりにコツが居るのだろう。
ちょいとしたカギの掛け方のクセがあるらしいのだが、4人とも順番に教えてもらった。

泊まる部屋のスィートルームに通されると、ここもまた、とても素敵な空間だった。
c0073802_2340141.jpg


私は、咳が出てうるさいので、
手前の部屋のベットがひとつあった場所に寝せてもらう事にした。
これは、ボーナス・ルームというのだそうだ。
c0073802_23391114.jpg
まるで、赤毛のアンに出て来そうなベットで、天井にも素敵な飾りがしてあった。

まだ、周辺の食料店が開いてる時間帯だったので、
ミネラル・ウォーターや飲み物を買いに出た。
c0073802_23411716.jpg
霧雨降る中で、おそらく、クロックタワーだと思う。それが見えた。

疲れて、皆、レストランに食事を食べに出る元気が無いという。
ろだんさんと二人で、近くのお店に行く。
c0073802_23394591.jpg

私は、風邪薬を飲むのに、何か食べないとなぁと思いヨーグルトや飲み物を購入する。

それを食べて、風邪薬を飲み、順番にシャワーを浴びる。
バスルームも、とてもクラシックだった。
この古さを維持しながら使えるようにメンテするのは、大変だろうなとも思った。
その努力にも頭が下がった。

明日の準備をして、休もうと思ったが、
3人が寝るメインの部屋の天井の電気のスイッチがわからない。

私のほうの部屋は、暗くなるが、あちこち見たが、どうも、その部屋は明るいままだ。
明るいままで寝るのもOKだと言う人も居たが、やはり、寝付けないと言う人も居る。

電話して、聞くには、かなり遅い時間になって居た。
それでなくても、就寝時間だというのに、すでに一度ドライヤーのある場所がわからず、
階下に住んでるYOKOさん宅に電話をした後だったから。

ベットに上がって、照明の大元の電源やっと見つけて切った。

翌日、スイッチの場所を聞いたら、すぐ判る場所にありました。
(4人とも、全然気が着かなかった。なんでだろう。。。。笑。)
探す時って、そんなモンだよね。
(8個も目があっても、見つからなかった。)


いやぁ~。疲れたぁ~。やっと、ちゃんと寝れる。(爆)
朝方、かなり咳が出た。自分でもうるさいくらいだった。
みんな寝れたかどうか、少々心配だった。
[PR]
by mismis10 | 2005-10-19 23:57 | 旅(ニューヨーク編)
<< 旅日記・NY・秋編・5・いざ、... 旅日記・NY・秋編・3・「デト... >>