旅日記・那須塩原編・2・「SHOZOさんをご存知ですか」の巻き

今回のプチ旅は『SHOZOめぐり』がメインだった。

黒磯のアパートの2階からスタートした『1988 CAFE SHOZO』は、
カフェ・ブームという名前すら存在しない頃に、
1960年生まれの菊池省三さんが、文字通り1988年に始めたカフェだ。
この方は、ほとんど、マスコミに顔を出さない人である。

私の読んだ本やネットの情報によると、
バイクであちこちを旅して歩いていたSHOZO氏が、
この黒磯の地に、彼が考える良い街の条件である

「美味しいコーヒーと良い音楽が流れる店があるコト」
・・・・・を実現させるようとして店を誕生させたようである。

コーヒー豆を焙煎する焙煎機は現在3代目だそうで、
最初のマシンは、その筋でこれまた有名な〝中川ワニ〟さんに譲られたそうである。

『1988 CAFE SHOZO』では、
今や有名になったフードコーデネーターの〝根本キコ〟さんもバイトしてたらしい。

この地に来た人が、この店に影響されて、たくさんのカフェを開いてるのも事実だ。
カフェサイトなどに、この店の事が書かれてない日は無いほど有名な存在だ。

なんでもそうだが、真似する事は簡単だが、
オリジナルで、最初に始めた人はどこかに魅力と才能があるのかもしれないな・・・と思った。

あちこちに点在してるカフェや、
アンティークやインテリアショップや雑貨屋さんや洋服屋さんを、
二人で、ぶらぶらしようと計画したのである。

私の記憶では、それらは7つの店舗に分かれて営業してる。

それらすべてが、
昔アパートだったのを改造してカフェに。
豆腐屋さんだった店をインテリア・ショップに。
また、不動産屋さんだった事務所をカフェに。
街の空き店舗を、倉庫に。

というぐあいに、いろんな店の前身の上に、手を加えて現在の店が成り立ってるのだった。
その手の加え方も、とても味があるのだった。

その街の通りを歩いていると、不思議な感覚を覚える。
古い街並みが続く数件先とかに、SHOZOテイストの店が、ぽつんぽつんとあるのだ。

外側からみると、なんの変哲も無い(失礼)店が、一旦中へ入ると、まるで異空間なのである。

あるがままの世界を受け継いで、
中をゆっくりと時間をかけて進化させてるような感じがする。
それが不思議にとても雰囲気の良い空間として存在しているのだった。

あくまでも一定のリズムで、周りを壊すという感じでは無く、ごくさりげなく、
古い街並みの県道369号線の道沿いにカーブしたあたりにも、自然と調和しているのだ。

いいなぁ~こういう感じ・・・・。


黒磯の街のこれらの店に入る前に、
まずは、一軒目。那須街道沿いにある【NASU SHOZO CAFE】

オープン時間の早い店から入る事にした。
が、それでも店の前に到着して、時計を見たら15分程前だった。。。苦笑。
c0073802_8531617.jpg


店の前の駐車場に車を停めて、開店時間まで待つ事にした。
車の中からは、店の中で開店前の打ち合わせをしてるスタッフの様子が窓越しに見えた。

あまりにも笑顔でニコニコ話してるので、思わず、あんじゅちゃんが、
「ねぇ・・・。あの人達、まさか、お客さんじゃ無いよねぇ」
「店員さんだよねぇ」

と言い出した。。。笑。

それくらい笑顔で、なにかを相談してる風だった。
いい感じの店は、こうなんだなぁ~と思った。

やがて、時間が来たら、
店の男性スタッフの方が「どうぞ~」と呼びに来てくれた。

いやいやいや・・・。
デパートの開店前に並んでる客のように、皆さんから声を掛けられ中に入る。
(少々恥ずかしい・・・爆。)

席を決めて座ってオーダーする。
まだ、空席ばかりだったので(なにせ、一番乗り・・・笑。)
お店の人に断って画像を撮らせてもらう。
c0073802_854396.jpg
c0073802_8543861.jpg
c0073802_8551284.jpg
c0073802_8554238.jpg


そのうち、あっという間に、席が埋まっていった。
しっかりココを目指して来た人。
赤ちゃん連れのご夫婦。
那須温泉帰りの人か年配のご婦人連れ。
明らかに、筋の違う背広を着た中年連れも居た。

接客態度は、あくまでも、どんな人にも公平だった。
当たり前なコトだが、それが出来ないお店もあるから・・・。

パラソルのあるデッキの真ん中に、木があって、赤い実を着けて居た。
c0073802_8574154.jpg

何の実なのだろう・・・?と二人で話した。
コーヒーを運んで来たスタッフの女性に聞いたら、
「・・・・・・・」「少々お待ちください」
と、少し頬を赤らめて、戻って行った。

こうした感じの態度も好感が持てた。可愛い感じだったしね・・・。

『やまほうし』(山法師)の木だそうだ。
ハナミズキに似てるけど、茶花とかに使われる木の花だよなぁ。
こんな実をつけるのか。知らなかった。
c0073802_858106.jpg
ゆっくりしてから、そこを出ることにした。
[PR]
by mismis10 | 2005-09-18 09:20 | 旅(那須塩原編)
<< 旅日記・那須塩原編・3・「ちょ... 旅日記・那須塩原編・1・「プチ... >>