④また再び天城越え、そして千葉へ

石廊崎を後にして海添いの道路をひたすら走り、昨日来た道路をまた逆に帰る。

そしてまた昨日の逆バージョンでの天城越え。
どうも、そこを戻るしか無いらしい。

途中で電信柱に張り付いたCMの苺大福の店を見つけたので、車内休憩して、買って食べてみた。お店からお茶も戴いたことだし。

大きな苺が入っていた。味はフツー(笑)
c0073802_16573253.jpg


栄養補給してそこからまた、ずっと走り続けて沼津まで戻った。

沼津から新東名高速道路で横浜へと向かう。
横浜から東京湾アクワラインへ入り、木更津へ向かうルートだった。

夫と途中から交代して私が運転していたのだが、アクアラインの前にまた交代するはずが、そのまま入ってしまった。
海底を走る時はただのトンネルで外に出てる時は海を走る。

おかげさまで前を見るので忙しく助手席で海やら橋やら楽しんでる夫とは対照的にじっとハンドルを握っての運転だった。

「海ほたる」内でお昼を食べて、先を急いで、友人の住んでるいすみ市へと向かう事に。
c0073802_16591439.jpg


ネットで知り合った友人だがかれこれ長い付き合いになっている。
東京から田舎に引越したので寄らせてもらう事になっていた。
しかし、住所をナビに入れても、なんか違う場所に到着。

連絡したら家の外に立って居てくれると言うのだが、道路を通過した時にはそういう友人の姿がまったく見えない。見逃したのか、違う道を来てしまったのか。


電話して、結局、コンビニに迎えに来てもらう羽目に(汗)


だいぶ時間をロスしてから、お宅に着いた。


まずは庭を案内してもらった。
広い敷地に、沢山の花々や木々が植えてあった。
東京生まれ東京育ちのご夫婦、都会から来たのに、すっかり地元に馴染んでいる様子。

率先して案内してくれるのは、旦那さんだった。

うちの夫は、まったく植物に疎い人なので、多分、ご主人の説明はチンプンカンプンだったはず(笑)。それでも、必死に相つちをうっていたのが可笑しかった。

お手製のパンやケーキをいただき、次の予定の宿泊場所へと移動する時間が迫っていた。
c0073802_1701238.jpg
c0073802_1703587.jpg


彼女のお薦めのホテルだったが、其処には国内屈指のスパ施設があって、その施設の利用時間までにチェックインしなければいけ無いのだ。

彼女に会う時は、いつも大抵バタバタしてる。
今回は夫とも初めての対面だったのだが、どうも同じような具合になってしまった。

せっかくお宅まで行ったのに、とても慌しくお別れした。ごめんねー

いつも予定を詰め込み過ぎなのだ。

もう、こうなるとまた行くしかあるまい(爆)



~つづく~
[PR]
by mismis10 | 2016-02-29 17:03 | おでかけ(2015)
<< ⑤ホテルブルーベリーヒルズ勝浦... ③「石廊崎」 >>