お伊勢参り・②・鳥羽にて


名古屋から快速電車で、鳥羽駅に着く。
c0073802_233533.jpg


JRもあるけど、圧倒的に近鉄の方が電車の本数が多い。
駅構内には、さすが真珠の産地。
真珠のポスターを発見。

さらに、物凄いポスターも発見。
このモデルさん、実はれっきとした現役の海女さんだという。
c0073802_235308.jpg

c0073802_2352967.jpg
【トレたび】
おばあちゃん、お母さん、娘さん。
まさに、フェルメールもびっくり。

駅から、ミキモト真珠島へ向かう事にした。
歩いて5分ぐらいだと言うので、海を見ながら歩いていたら、なんだか青い海に派手な船が。
近づいて来たら、前には亀に乗った浦島太郎。
天辺には乙姫様。
船体の脇には、鯛や伊勢海老が。
すげ~。こういうセンスは東北人には多分無いなぁ~。
c0073802_2361650.jpg
c0073802_2371219.jpg
c0073802_2373597.jpg
c0073802_238665.jpg


どんどん船はこちらに近づいて来た。
どうやら、そこは観光遊覧船の発着乗り場だったらしい。

呼び込みの日焼けしたおじいさんが声をかける。
「あんたら、船にのらんの~?」
私・Mちゃん「いや、いいです。これから先のミキモトに行くので」

すると、そのおじいさんが、それならミキモトよりも組合のやってる店に行った方がいいと、盛んにすすめる。(そんな事を言っていいのだろうか。営業妨害もはなはだしい。)

しかし、私らはミキモトを止めて、そっちへ行く事にした。
(なんて変わり身の早い私達。)
もう、目の前のミキモトを振り切って、先に進む。
鳥羽水族館前も通ってどんどん進む。

が、言われた通りを進んでも「組合」なんていう、それらしい場所が見当たらない。

しばらく行くと、あるにはあったが店名の書いてある真珠店だった。
中の店員さんに後で聞いたら、確かにに地元の真珠組合に入ってる養殖業の人達から仕入れているという。おじいさんの言い方が微妙だったのね。出来れば店の名前を教えて。

帰って来て検索したらネットにも出てたし、伊勢市でも本店があったから怪しい店では無かった。その名も、どこかで聞いた事があるような名前の真珠専門店。【浜幸パール】

中に入れば、けっこうな人数の女性達がいた。

お客さんの中には娘と母親らしき二人連れで、凄い高価なパールをバンバン購入している人もいた。
女性って、アクセサリーに目が無いよね。

対応してくれたチーフみたいな女性が、とても感じの良い人で見るだけだったはずが、いつの間にか二人ともお買い上げ。

結局、初日のそこでパールのネックレスを買ったのが始まり。

滞在中、ホテル内のお店はもちろん、どこに行っても真珠店が気になる。
二人して、ついそのお店で買ったネックレスが、はたして他の店ではいくらなのか、凄く気になってのぞいてしまうのであった。

そこから、今夜のホテルへと移動。賢島へ向かう事にした。

~つづく~
[PR]
by mismis10 | 2012-10-24 23:23 | お出かけ(2012)
<< お伊勢参り・③・賢島のホテルにて お伊勢参り・①旅のスタートは珈... >>